コラム
2017年07月01日

ファクタリングと借入の違いを比較!早い資金調達は?

会社が資金調達を検討する際、まず銀行からの借入を考えられる方が多いのではないのかと思います。

 

しかし、銀行からの借入は、審査が厳しく借入まで時間がかることもあり、資金調達まで困難される方も少なくありません。

 

そんな方に一度ご検討いただきたいのが、ファクタリングサービス(入金前払システム)です。

 

ファクタリングサービス(入金前払システム)とは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社が事前に買い取ることによって本来の入金日を待たずに早くキャッシュを手にする事の出来るシステムです。

 

 
簡単に言うと・・・
数ヵ月後に入金予定の現金がすぐにキャッシュ化されるのがファクタリングサービスになります。

 

ファクタリグと借入の違いについて

 

2つを比較した際にまずキャッシュ化されるまでのスピードがファクタリグと借入では大きく違います。

 

銀行からの借入は、会社の信用性を書類の提出や直接のヒアリング等でじっくり審査されますので、数ヶ月はかかってしまします。

 

それに対して弊社のファクタリングサービスでは、売掛金が審査基準となり取引先の審査となるのでスピーディな審査により、最短1日で資金調達することが可能です。

 
 

もし資金繰りが厳しい状態で、なるべく早く現金を用意しなくてはならない場合、銀行から借入をするより、ファクタリングサービスを利用する方が適しています。

 

しかもJTCのファクタリングサービスは、御社と弊社の2社間での取引も可能ですので取引先にも知られる事なく資金調達することができます。

 

ファクタリングについて更に詳しく知りたい場合は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です