更新日:2018年04月05日
作成日:2018年03月07日

「ノンリコース」事業資金、資金繰り用語

日本国内において、ファクタリングは一般的にそれほど知られていない資金調達方法です。

 

現在、国内におけるファクタリングには償還請求権の有る売掛債権担保融資と償還請求権の無い売掛債権売買という二種類が存在しています。
後者である償還請求権の無い売掛債権売買はノンリコースと呼ばれているものです。
売買した売掛債権が回収困難となった場合、償還請求権の有るファクタリングは債権額をお客様に保証してもらう方法になります。
大半の金融会社はこの方法で業務を遂行しています。

 

反対に、ノンリコースと呼ばれるものは買取した債権が回収困難な状況になってもお客様に請求されない方法になります。
ノンリコースはお客様に有利な売買であると理解することができます。
また、完全にノンリコースで売買取引を行っている金融会社については、現在のところ少数派になっていると言えます。
ファクタリングには、すばやく資金を調達することができる特徴があることも踏襲する必要があります。

 

 

債権請求権の無いノンリコースと呼ばれる売掛債権売買を行っている金融会社を利用することには、負債に該当しないためバランスシートのスリム化が可能となるメリットがあります。
一般的な銀行やノンバンクが行う融資などの借入金は、賃貸対照表上で負債となります。
完全にノンリコースでの売買取引を行う場合、お客様が譲渡した債権の売掛先企業がノンリコースで売買取引を行っている金融会社が集金する前に倒産してしまったとしても、お客様に譲渡代金が請求されることはありません。

 

そのため、お客様には売掛金回収に伴うリスクが無いということになります。
そして、安定した経営を目指すことが可能となり、請求に対する懸念の払拭につながります。
将来的には資金に余裕が生まれ、仕事の取引量を増加させることも可能になります。
ファクタリングについても、未回収の売掛金を現金化することによりキャッシュフローが大幅に改善されるメリットがあると言えます。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達