更新日:2019年07月18日
作成日:2018年01月09日

「ファクタリング」事業資金、資金繰り用語

ファクタリングとは売掛金前払いの方法のことです。

 

商取引においては商品を先に納入し売買契約に従い現金は指定された期日に入金されるのが一般的で、この間は商品を納入したことで売り上げが成立しますが現金は手元にない状態となるため、この間に支払いが発生した場合にはその支払いが行えない可能性があり、最悪の場合には不渡りなどの問題を発生させてしまうことがあります。

 
この売り上げ代金は債権として成立するため、これを業者に売却することで迅速に現金を入手する方法がファクタリングです。

 
特に最近の非常に支払いがタイトな現代社会においては早急に現金を入手する必要があり、そのために売掛債権を現金化する必要が生じます。

 
ファクタリングは売掛債権を期日前に現金化する方法として非常に有効なもので、若干の手数料が発生しますが、すぐに手元に現金を得ることができるため企業のキャッシュフローを改善させる方法として非常に有効な手段として用いられています。

 

 
ファクタリングを有効に活用するためには企業のキャッシュフローと実際の売り上げ計画を正確に把握しながら効率的に行うことが必要です。

 
早急に現金化することができるためキャッシュフローの改善には役立ちますのでそのかわり本来売上金が入金される際にはその現金が先取りされていることになるため、収益計画が大きく異なることになるのです。

 
企業の多くは支払い計画等が綿密に計画されているため、本来入金されるべき期日に現金が入金されないとその計画が大きく来ることになり、後々の支払いに大きな影響を及ぼしてしまうことになります。

 
またファクタリングを利用する際には手数料が発生してしまうため実際の売上金に対して現金が目減りしてしまうことになり、実際の現金収入が少なくなってしまうことになるため収益計画にも大きな影響を及ぼすことになるのです。

 

基本的にファクタリングはキャッシュフローの改善のためには非常に有効な手段となりますが、企業を健全にいけいする上ではダメージを与えてしまうことが少なくありません、そのため計画的な利用を心がけることが最も大切です。

 

事業資金とは?7つの調達方法!メリットとデメリットを知って円滑な企業運営を!


 

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達