更新日:2018年04月05日
作成日:2018年03月14日

「債権」事業資金、資金繰り用語

ファクタリングにおける売掛債権とは、商品の販売などのサービスの提供が完了していて支払いを求める請求をしたものの、支払いがまだ行われていない債権のことを言います。

 

企業間では商品などの仕入れをするに当たり、直接現金でやり取りする資金取引ではなく、「掛」によって売買を成立させるのが普通です。サービスを提供した側が支払いを請求しても、相手企業が支払い期日ぎりぎりまで支払わなければ、サービス提供側は債権をすぐに現金にして手に入れることができません。資金化できるまでに時間がかかるので、状況によってはそれが会社のキャッシュフロー(現金の流れ)にマイナスに作用することがあり、資金繰りに影響することもあります。

 

ファクタリングを利用するに当たり違いを把握しておく必要があるのは、「ファクタリング」と「融資」の違いです。売掛債権をファクタリング会社に譲り、将来回収する予定がある現金を当初の予定よりも早く手にするだけのことなので、お金を融通してもらうのではなく、お金を借りる行為ではありません。

 

よって、借入れではないので今後の銀行融資やビジネスローンの融資に影響が出ることがほとんどありません。一方、融資は資金調達のためお金を借りる行為で、いわゆる借金ということになります。

 

資金繰りに困った場合に金融機関に融資を申し出ると、会社の経営状況や財務状況を細かく審査されますが、ファクタリングは担保がなくても利用できるというメリットがあります。

 

仮に会社の状況に問題があった場合や債務が重なっている場合でも、売掛債権を売却することによってすぐに現金を手にすることが可能です。登記簿や会社の決算書など、必要とされる書類を送るとスピーディに審査され、最短で即日に入金してもらえます。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達