JTCの入金前払いシステム(ファクタリング)とは

融資がダメでも大丈夫。
入金前払いシステムで資金調達

融資がダメでも大丈夫。入金前払いシステムで資金調達

入金前払いシステムとは、売掛金を取引先に代わってJTCが前払いすることによって資金調達するシステムです。現在、思うように融資が受けれなくてお困りの方はたくさんいます。当システムは、負債(借入)を増やすのではなく、売掛金という資産を現金化することによって資金調達をする方法なので、融資が受けられなかった方でもご利用可能のシステムですし、融資を受けられる方でも新しい資金調達方法として入金前払いシステム(ファクタリング)をご検討してみてはいかがでしょうか?転ばぬ先の入金前払いシステムです。

借入審査よりも簡単!?

審査基準は融資とは異なりますので銀行やノンバンクで融資を断られてしまっても諦める必要はございません。例えば、赤字決算の方や税金や社会保険の滞納がある方でもご利用可能です。また、当システムで重要なのは、売掛先と取引内容になります。お客様の与信審査を行わない分借入審査よりも時間を大幅に短縮することができると同時に審査のハードルも下がります。
お急ぎの資金調達の際にには最適といえます。

売掛金の前払いってどういうこと?

売掛金の前払いってどういうこと?

例えば、来月入金予定の売掛金を今月JTCがお客様にお支払いいたします。そうすることによって売掛金をすぐに使える現金に換えることができるのでお客様は運転資金としてご利用できます。後日、売掛金の入金日にご精算となります。

  • ①売掛金をJTCが前払い致します。  お客様は従来より早く運転資金としてご利用いただけます。
  • ②入金日にご精算  売掛金の入金日にご精算となります。

取引先に知れたくない方でも安心契約

取引先に知れたくない方でも安心契約

お客様の売掛金をJTCが前払いする際に、お客様がお取引先に対する売掛金をJTCに譲渡していただく必要があります。
本来、売掛金を譲渡するということ自体は問題ありません。とはいっても、取引先へ非常にネガティブの印象を与えてしまう可能性があるため、予めお取引先の承諾が必要となってきます。問題なく承諾が得られればいいのですが、お取引先に承諾をもらうことができない方、又は、今後の取引の事も考えると知られたくないという方がほとんどです。
JTCでは、お取引先に知られたくないという方でも安心してご利用いただけるシステムもご用意しております。
※お取引先から入金がございましたらJTCにお支払いください。

  • お取引先から同意がもらえる場合の
    入金前払いシステム

    ご入金の流れ

    前払いした売掛金の入金日に、お客様のお取引先からJTCにお支払いをしていただきます。
    (そのために承諾が必要なのです。)

    ご入金の流れ

    お客様の売掛金をJTCが前払いした後、本来の入金日にお取引先からの入金はJTCにしていただきます。(その為に承諾が必要になります。)

  • お取引先に知られたくない場合の
    入金前払いシステム

    ご入金の流れ

    お取引先に知られずにご利用されたい方には、お取引先からは、従来通りお客様のもとへ入金していただきます。お取引先から、承諾をいただく必要がなく知られる心配もございません。

    ご入金の流れ

    ※お取引先から入金がございましたら、JTCにお支払いください。
    ※売掛金を現金化(売却)いただいた後は、売掛先の破綻等の理由で売掛金の支払い受けることができなくなった場合でも、当社がお渡しした現金(売掛金の売却 代金)をお戻ししていただく必要はございません。

一度のご利用でも、繰り返しのご利用も可能

繰り返しのご利用例

繰り返しのご利用例繰り返しのご利用例

前払いさせていただいた売掛金が入金された時点で、ご清算していただきますが、その後も御社の売掛金が繰り返し発生される場合、継続してご利用が可能です。
また、売掛金の締日1週間前から仮締めとして契約できますので、ご清算前に翌月分を前もって契約することも可能です。