コラム
2019年10月07日

問題点は何?中小企業が資金調達を成功させるにはどうすれば良い?

大企業と比べて、資金力が弱い中小企業においては資金繰りに悩みを抱えてしまうことも多いでしょう。経営や事業を安定化させるためには、必要な資金をしっかりと確保しておくことが大切です。どのような資金調達方法があるのかを把握したうえで、自社に合ったものを選んでいきましょう。今回は、中小企業が資金調達を成功させるためのポイントについて解説していきます。

 

なぜ中小企業は資金調達が難しいのか?

中小企業は大企業と比べると経営規模が小さいため、しっかりと利益を確保できるのか不安に思われてしまう傾向にあります。赤字経営を行っている中小企業も多くあるため、銀行は融資に対して否定的な立場をとる場面も見られるのです。また、成長初期段階の中小企業は特に資金調達が難しいため、事業そのものを断念してしまうケースもあります。会社の信用度の低さが足かせとなって民間の金融機関から資金調達を行えない中小企業は、必然的に公的機関からの支援に頼らざるを得ない状況にあるのです。

 

中小企業が資金調達する方法1:ファクタリング

中小企業が資金調達を行う方法の1つとして、ファクタリングがあげられます。ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい資金調達を行う方法です。ファクタリングの利用は手数料を必要とするものの、1~2カ月先に入金されるお金を早い段階で手に入れることができるため、有効な資金調達方法として注目されています。経済産業省が周知を積極的に行っているということもあり、日本国内でも今後普及していくことが予想されているのです。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングによる資金調達のメリットとしては、売掛債権を売却するだけであるため、保証人を立てたり担保を設定したりする必要がないことがあげられます。利用手続きも簡単で、最短1日で現金化することも可能であるため、すぐに資金が必要な場合に有効な手段となるでしょう。また、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡する形になるので、仮に売掛先が倒産または未払いを起こしたとしても、返還義務が発生することはありません。一般的なファクタリング契約においては買戻し請求がないため、資金調達後に経営リスクを抱えてしまうことはないのです。ファクタリングは借入ではないため、信用情報の登録もないので会社の信用も保つことができます。

 

ファクタリングは利用する会社が重要になる

ファクタリングサービスを利用する際には、ファクタリング会社をよく見極める必要があります。ファクタリング会社のなかには、15~30%の高い手数料を取るような会社もあるため、利用するときにはホームページなどで信頼できる会社かどうかをチェックしましょう。多くのファクタリング会社のなかでも、名古屋・大阪・東京に営業所を持ち、すぐに現金化できるJTCのサービスは優れています。JTCはほかのファクタリング会社に比べて手数料が10%以下と安く設定されているので、気軽に利用しやすいところがあるのです。

 

https://j-t-c.info

 

中小企業が資金調達する方法2:自己資金を使う

事業資金が不足している場合には、経営者自身が持つ資産を会社のために使うというのも1つの方法です。会社や事業を運営できるだけの資金力があるのであれば、対外的な信用度も高くなるため適した方法だといえます。自己資金にある程度の余裕がある場合は、会社のために資金を融通してみるのも良いでしょう。

 

中小企業が資金調達する方法3:資本を増やす

株式を発行して資金調達を行う第三者割当増資といった手段がありますが、出資の形をとるため返済の義務は発生せず、財務内容を健全化していくことができます。ただ、増資を行う相手が株式の一部を取得することになるため、経営を行いづらい環境が生まれてしまうこともあるので注意も必要です。どの程度の割合で増資を行うのかを事前によく確認したうえで、資本を増やすことを検討してみましょう。

 

中小企業が資金調達する方法4:金融機関から融資を受ける

金融機関から融資を受けることは資金調達を行う反面で、負債を増やすことにもつながります。資金管理をしっかりと行っておかなければ、後から返済が負担となってしまい経営に悪い影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。会社の信用度が低いと融資を断られてしまう場合もあります。

 

中小企業が資金調達する方法5:補助金や助成金を活用する

資金調達先は何も、金融機関ばかりとは限りません。国や地方自治体は中小企業を支援するため、さまざまな助成金・補助金制度を定めています。必要書類が多かったり審査が厳しかったりするものの、返済の義務は発生しないのでうまく活用していくことも大切ですし、助成金や補助金を受けることにより、ビジネスを活性化させていくことにもつながるでしょう。初めて申請を行う場合には、外部の専門家の協力も仰ぎながら進めていくほうが良いでしょう。

 

資金調達する前にしたいこと1:会社の信頼を得る

融資を受けるためには、会社の信用力を高めておく必要があります。中小企業は大企業とは異なり、経営が安定しないというイメージが定着しているからです。ビジネスプランをよく練り上げておくことが重要であり、財務的な面でも健全であることをアピールしていくことが大切です。融資を受ける際には、決算書や事業計画書の提出が求められるので、内容について経理担当者や税理士と入念に擦り合わせを行っておくことが重要だといえます。経営者自身が金融機関の担当者と面談をするケースもあるので、ひとつひとつの数字に対する根拠をしっかりと明示できることが、融資を通過させる1つのポイントになります。

 

また、金融機関に融資を申し込むときには、できるだけ財務内容を良い状態に保っておくことが肝心です。銀行融資などを検討する際も、先にファクタリングを利用して資産のスリム化を図ってみると良いでしょう。会社が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却することによって、手元の現金を増やすだけでなく、財務内容を健全化できます。融資においては返済能力の有無が重要な審査ポイントとなるので、信頼できる会社として見られるように財務内容をきちんとチェックしておくことが大切です。

 

資金調達する前にしたいこと2:資金を何に使うか考える

資金調達に取り組むときには、どのような目的で資金を集めるのかを明確にしておく必要があります。本来であれば経営を安定化させるために資金調達を行うはずが、不適切な支出や投資を続けてしまうことによって、さらに資金調達を行わなければならないという悪循環に陥ってしまう可能性もあるからです。また、返済が必要な資金調達方法であれば、借入額に上乗せする形で利息の支払いも求められるため、金額によって会社の経営に悪影響を及ぼしてしまう恐れもあるでしょう。

 

中長期的な視点に立てば、無駄な経費を削減したり、入出金のサイクルを見直したりすることは有効な手段です。資金調達を行わずに自己資金を増やし、経営を安定化させることも意識しておきましょう。ただ、短期的な資金繰りを改善させるためには、どうしても資金調達が必要となる場面もあります。せっかく努力をして確保した資金であれば、使い方にも慎重になっていく必要はあるのです。自社が置かれている状況や今後の事業計画を照らし合わせたうえで、資金の用途をはっきりとさせておきましょう。資金調達によって経営環境を改善していく方向で行動することが重要なのです。

 

安心して資金調達するのであればファクタリングがベスト!

売掛債権を保有している中小企業であれば、リスクの少ないファクタリングを利用して資金調達を行うほうが良いでしょう。買戻し請求のないファクタリングであれば、売掛金の未回収リスクがなくなる為、会社の財務に影響を与えてしまうこともありません。急な資金繰りの悪化などにも素早く対応してもらえるので、経営者にとって心強い味方となるでしょう。ファクタリングをうまく活用して、経営環境を良い方向に整えていくことが大切です。