コラム
2019年10月12日

事業資金が足りない!お金を借りる方法と借りる際の注意点について

事業を営んでいると、日々の事業運営や新規事業の開拓などさまざまな場面で資金が必要になってきます。日頃から資金管理について意識を向けておかなければ、いざというときに必要な資金が手元になく、事業活動に支障が出てしまうこともあるでしょう。今回は、事業資金としてお金を借りる方法とその注意点について詳しく解説していきます。

 

事業資金として!お金を借りる方法

事業資金を調達する方法としては、一般的には金融機関から融資を受ける方法があります。融資を行っている金融機関は幅広くあり、日本政策金融公庫や信用保証協会、民間の銀行などがあげられるでしょう。また、ビジネスローンも事業資金を借り入れるための1つの方法です。ビジネスローンは法人経営者や個人事業主が利用できる法人向けの無担保ローンのことであり、保証人が不要で事業目的であれば、資金用途も自由となっています。そして、家族や知人からお金を借りる方法もあり、同意さえあれば借りることができるでしょう。審査の必要もないため、いざというときの資金調達手段となるのです。

 

お金を借りる上での注意点

事業資金を借りたい場合、融資という手段が一般的ではあるものの、中小企業や個人事業主にとってはハードルが高い面もあります。決算書や事業計画書など提出する書類が多いうえに審査が厳しく、融資の実行までに時間がかかってしまうところもあるのです。すぐに資金が必要なときにはビジネスローンを利用する方法もあるものの、銀行融資に比べ金利が高く設定されているため利用にあたっては注意が必要だといえます。資金を借りたとしても短期間で返済するなどして、経営に支障が出ないようにしましょう。ビジネスローンの審査では会社の収益状況や財務内容が審査基準となるため、経営が苦しいときには審査が通らない可能性もあるのです。

 

そして、家族や知人からお金を借りるときには、返済事情などのトラブルによって信頼関係が破たんしないように気をつけておく必要があります。借入に関する書類を作成して、きちんと返済計画を明示しておきましょう。事業資金が必要となる際には目先の資金繰りの改善ばかりに意識が向いてしまいがちであるものの、資金を調達した後のことも冷静に見定めておく必要があります。事業活動や財務状況、会社の信用情報などに悪い影響が出ないように、事前に資金計画をよく練っておきましょう。

 

事業資金の調達はファクタリングがおすすめ

事業資金を確保するための手段としては、ファクタリングが適しています。

 
・早急にお金が必要
・会社の財務状況が思わしくないため、銀行融資の審査に落ちてしまった
・売掛金の入金を早めて、運転資金に回したい

 
という人におすすめなのがファクタリングとなります。ファクタリングは金融機関からの融資とは異なり、会社が有する売掛金や受取手形などの売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達を行う仕組みとなっており、利用者と売掛先の間にファクタリング会社が入ることによって、入金予定の売掛債権を素早く回収できるのです。取引先の倒産や売上の低迷による入金ずれといった突発的な経営環境の悪化に対して、ファクタリングは有効な資金調達手段となります。基本的な仕組みを正しく理解したうえで活用してみましょう。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングの大きな特徴としてあげられる点は、売掛債権を早期に現金化できることにあります。資金繰りが悪化してしまい早急に対策をとる必要がある場合には、金融機関からの融資など時間がかかってしまうものは向いていません。ファクタリングは借入ではなく会社が有する売掛債権の売却であるため、スピーディーに対応してもらえます。審査においては売掛債権の信用度が重視されるため、経営状況や財務内容はそれほど問題となりません。赤字決算や債務超過に陥っていたとしても審査に応じてもらえる可能性があるので、経営が苦しいときほど有効な手段となるでしょう。

 

ファクタリングは単に資金調達を行うだけでなく、経営リスクを軽減させることにもつながります。売掛債権をファクタリング会社に売却した時点で、債権の未回収リスクをなくせるからです。資金を調達した後に万が一、売掛先が経営破たんを引き起こしてしまったとしても、その責任を負うことはありませんし、ファクタリング契約においては買戻し請求がないのが基本となるため、後から支払いを求められることがないのです。借入ではないため利息の支払いや返済の必要がなく、会計上も負債には分類されません。会社の信用情報や財務に影響を与えないこともメリットだといえるでしょう。

 

売掛金が定期的に発生し、実際の取引がきちんと証明できれば債務状況にかかわらずに売掛債権を現金化できる可能性は高いのです。審査をスムーズに進めるためにも、売掛債権や取引にまつわる書類はきちんとそろえておきましょう。ファクタリングでは保証人を立てたり、担保を設定したりする必要もないので、金融機関から融資を断られてしまった場合でも利用できる可能性があります。特に大手企業や上場企業、政府系機関に対する売掛債権であれば信用度も高いため、早期の資金調達ができるはずです。

 

金融機関からの借入を検討している場合であっても、先にファクタリングサービスを利用して資産のスリム化を図っておくことも重要だといえます。ファクタリングの利用によって売掛債権という資産を圧縮できれば、手元の資金が増えて財務内容を健全なものにしていけるでしょう。対外的に会社の信用度が高まるため、金融機関からの評価も高くなる可能性があるのです。すぐに資金を必要としないときでも、計画的に資金調達の方法を検討しておくことが重要だといえます。

 

JTCなら取引先に知られずに入金可能

JTCでは、売掛先に知られることなくファクタリングの実施が可能です。ファクタリングサービスを利用する場合には、売掛債権をファクタリング会社に譲渡する必要があります。そして、一般的には売掛債権の権利にまつわるトラブルを回避するために、売掛先の承諾が必要となるのです。ただ、ファクタリングを希望する会社の中には、信頼関係に影響が出てしまうのを懸念して、売掛先に知られたくないといった会社もあります。JTCでは、売掛先に知られずにファクタリングを利用できる仕組みを整えているため、そうしたニーズにも応えることができるでしょう。

 

基本的な流れとしては、JTCから利用者側に入金があった後に、売掛先から入金があるのを待ちます。売掛先から支払いがあった時点ですみやかに、利用者はJTCに支払う形となるのです。とてもシンプルな仕組みとなっているので、初めて利用する場合であっても、安心してサービスを使うことができるでしょう。

 

https://j-t-c.info

 

JTCは土日も営業!困ったときに即日入金が可能

JTCはスピード力に定評があり、最短1日で入金を実行した実績が多数あり、ほかのファクタリング会社に比べて手数料が10%以下と安く設定されており、名古屋・大阪・東京の3カ所に営業所があるため、必要なときにすぐ相談できるのです。遠方の会社の場合には出張サービスにも対応しています。土日も営業しているため、平日は忙しくてなかなか相談ができないといった場合でも、問い合わせることができます。メールでの問い合わせも24時間受け付けているので、資金調達に悩みを抱えているときには気軽に相談をしてみましょう。

 

JTCで事業資金を調達しよう

ファクタリングは金融機関からの融資を断られてしまったときや、すぐに資金が必要な場合に事業資金を調達するための1つの方法です。JTCでは、ホームページで資金の調達可能額がわかるスピード診断を行っています。現状でどれくらいの資金を調達できるのかを把握して、気軽に問い合わせを行ってみましょう。事業資金の調達方法について、普段から検討しておくことが大切なのです。

 

https://j-t-c.info