事業資金関連コラム
作成日:2021年06月03日

自社に最適な事業資金調達法とは?融資・非融資のメリットを徹底比較

会社の事業拡大などに伴い、急に資金調達が必要な状況に陥ることがあります。銀行の融資を断られたり、審査結果が出るまで待てなかったりする場合は、他の資金調達方法を探さなければなりません。この記事では、銀行融資以外で資金を調達する方法を、融資・非融資に分けて解説します。それぞれの特徴やメリットを知ると、資金調達する際の参考になるでしょう。

事業資金調達の方法は大きく分けて2つ

事業資金調達とは、事業の経営に必要な資金を外部から調達することです。
事業資金の調達方法には、融資を受ける(借金をする)方法と、融資を受けない方法の大きく分けて2つあります。それぞれの特徴やメリットを知ったうえで事業資金調達の参考にして下さい。
 

融資を受けずに事業資金を調達する方法

「お金を借りる」ことに抵抗があるなら、借金ではない資金調達方法を検討してみましょう。代表的な方法として、ファクタリングやクラウドファンディング、投資家からの出資を受けるなどの方法があります。まずは、借金ではない資金調達方法の特徴について解説します。
 

ファクタリングを利用する

ファクタリングとは、ファクタリング会社に自社の売掛債権を買い取りしてもらうサービスのことです。中小企業や個人事業主の場合、売掛金の未回収が原因で資金繰りに悩むケースが多くあり、ファクタリングであれば、売掛債権を確実に現金化できるため、売掛金の入金が遅れたり、貸倒れになったりするリスクを防止するうえでも役立ちます。
 

ファクタリングを利用すれば、売掛金の支払期日前に現金を調達できるため、早期に現金化したい場合に便利です。ファクタリングは借金ではないので、返済義務がなく、信用情報に記録されることもなく、投資家から出資を受けるときのように、経営方針に干渉される恐れもないので、少ないリスクで現金を調達できます。
 

メリットの多いファクタリングですが、売掛金がないと利用することはできません。また、安い金利で借りられる銀行融資に対し比較的高い手数料を支払うことになるため、計画的に利用しないと、キャッシュフローが悪化する可能性があります。その点は十分注意しましょう。
 

ファクタリングには取引先からの「承諾が必要のファクタリング契約」と「承諾が不要のファクタリング契約」の大きく分けて2つの契約方式があります。それぞれ異なるメリット・デメリットがあるので、よく比較検討して、自社に適したほうを選びましょう。
 
 

■承諾が必要のファクタリング契約
承諾が必要のファクタリング契約とは、

  1. ① 売掛先の企業からファクタリングを行う承諾を得る
  2. ② ファクタリング会社に売掛金を売却することにより現金化する
  3. ③ 売掛金の受領はファクタリング会社が行う

 

という方法です。売掛金の支払期日には、売掛先の企業からファクタリング会社に支払いを行います。こちらのファクタリング契約の場合、売掛先の企業にファクタリングを利用したことを知られてしまうため、今後の取引に影響が出る可能性があります。また、手続きが多いため、現金化まで時間がかかってしまうのもデメリットだといえるでしょう。
 

ただし、ファクタリング会社にとって未回収リスクが低い契約方法なので、手数料は低めに設定されており、売掛金を自社で回収する必要がないのも、この契約のメリットです。
 
 

■承諾が不要のファクタリング契約
承諾が不要のファクタリング契約とは、 

  1. ① ファクタリング会社に売掛金を売却することにより現金化する
  2. ② 売掛金の受領は従来通りご自身で行う
  3. ③ 受領した売掛金の内ファクタリング会社に売却した分を支払う

 

という方法です。こちらのファクタリング契約の場合、取引先にファクタリングの利用を知られることがないため信用を失うなどのリスクを軽減できることに加え、契約手続きが簡単にできます。
 

ただし、ファクタリング会社にとって未回収リスクの高い契約になるので、通常のファクタリング契約よりも手数料が高く設定されています。審査基準や審査に必要な書類はファクタリング会社によって異なるので、あらかじめ審査書類はしっかりと揃えておきましょう。
 

承諾が必要のファクタリング契約と承諾が不要のファクタリング契約のメリット・デメリットについてはこちらの記事も参照ください。
3社間で契約をするファクタリングのメリット・デメリット
 

購入型クラウドファンディングを利用する

購入型クラウドファンディングとは、新商品開発などのプロジェクトを立案し、プロジェクトに対して共感した人々から資金を募り、資金を調達する方法です。一口にクラウドファンディングといっても、さまざまな種類があり、他には融資型クラウドファンディングや寄付型クラウドファンディングなどがありますが、購入型クラウドファンディングは金銭的なリターンがないため、非投資型のクラウドファンディングに分類されます。
 

購入型クラウドファンディングで資金を調達する場合、支援者へは商品やサービスなどのリターンを行う必要があります。ただし、プロジェクトによっては支援が集まらない可能性もあるため、必ずしも十分な資金を調達できるわけではありません。資金が不十分であるためにプロジェクトを完遂することができず、計画が中途半端な状態で終わってしまう可能性があります。仮に資金を十分に調達できたとしても、プロジェクトが必ず成功するとは限らず、期待した資金を調達できない可能性やプロジェクトが失敗した場合のことも考えて、慎重に検討することが大切です。
 

投資家からの出資を受ける

ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家に出資してもらい、資金を調達する方法もあります。ベンチャーキャピタルとは、将来の成長を期待できる未上場の企業に対して投資を行う会社のことです。エンジェル投資家とは、経営実績の少ない会社や、規模の小さい事業に投資する個人投資家を指します。
 

投資家は実績よりもアイディアやノウハウを重視して出資してくれるため、経歴に自信がない人もアイディアやビジネスモデルを評価されれば、投資を受けられる可能性があります。また、融資ではなく出資という形になるので、資金を返済する必要が無いため、万が一事業が失敗したときのリスクを低く抑えられます。財務状況が悪化していた会社も、投資を受けたことをきっかけに財務状況を改善すれば、金融機関からの融資を受けられる可能性が高まります。
 

ただし、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から出資を受けると、経営方針に干渉される可能性もあるので注意が必要です。投資家から干渉を受けた結果、経営が思わぬ方向へ行ってしまうこともあるので、投資を受けるときは、メリットだけでなくデメリットも考慮して判断することが大切です。
 

融資を受けて事業資金を調達する方法

融資を受けて事業資金を調達する方法には、信用金庫、日本政策金融公庫、その他の金融機関などがあります。以下の段落で、これらの融資の特徴について解説します。

信用金庫から融資を受ける

信用金庫は、地域の活性化を目的として活動する地域密着型の金融機関です。中小企業や個人事業主が主な取引先となるため、銀行から融資を受けにくい企業でも、資金を調達しやすいというメリットがあります。また、多少資金繰りが苦しい場合でも、融資の相談を受けてくれる可能性があるので、日頃から相談などをしておくと困ったときに色々な提案を貰え役立ちます。
 

信用金庫は幅広い事業者が利用できるメリットがある一方で、メガバンクなどと比べると金利が少し高いというデメリットもあるので注意が必要です。また、申込みから融資を受けるまで、一般的に2~3カ月ほどの時間がかかるため、急いでいるときの資金調達方法には向きません。

日本政策金融公庫から融資を受ける

日本政策金融公庫とは、政府が全額出資している公的金融機関のことです。中小企業や個人事業主の事業を対象に融資を行っており、創業時など実績の少ない段階でも融資を受けられること、低い金利で借りられる点が魅力であり、しかも、返済期間を長く設定できるため、返済負担を軽減できるメリットがあります。
 

ただし、創業資金総額の10分の1以上の自己資金や、信用情報に遅延情報傷がないことなど、必要な条件が定められているので、しっかり準備してから融資に臨みましょう。申込時に準備する書類も多いため、税理士や会計士などの専門家を経由して申込むのも一つの方法です。
 

その他の金融機関から融資を受ける
信用金庫や日本政策金融公庫の審査が通らない、融資が実行されるまで待てないといった場合は、ノンバンクなどの金融機関から融資を受ける方法もあります。ノンバンクなどの金融機関なら申込みから入金まで2週間以内など、融資実行までのスピードが早いため、短期間で必要な資金を素早く調達できます。スマホのアプリから申込めるなど、申込みの利便性が高いのもメリットです。ただし、銀行に比べると金利が高いので、返済負担がかかりやすいというデメリットがあります。また、借入金額も低い傾向にあるため、多額の融資には不向きです。
 

その他の事業資金の調達方法を知りたいからはこちらの記事も参照ください。
事業資金とは?事業資金の調達方法や融資について解説
 

ファクタリングでの事業資金調達は専門会社JTCへ

なるべく早く、確実に現金を調達したいなら、ファクタリング専門会社のJTCを利用してみましょう。JTCのファクタリングは、売掛金があれば契約できるため、創業間もない会社でも利用できますし、あらかじめ必要書類をすべて揃えておけば、最短1日での契約も可能です。そのため、急いで資金を調達したい人にはうってつけだといえるでしょう。
審査は土曜、日曜、祝日も対応しているので、忙しい人も利用しやすい環境が整えられています。
 

JTCでは通常のファクタリング契約と承諾のいらないファクタリング契約の2種類を用意しているため、自社の状況に合わせて好きなほうを選択でき、ます。名古屋の本社以外に東京、大阪にも営業所があるので、近くの営業所を利用しましょう。忙しくて営業所まで出向く時間がない場合は、出張サービスを利用することもできます。
 

JTCの公式サイトではスピード診断を実施しています。希望金額や翌月の売掛金などを入力するだけで、すぐに調達額をチェックできるため、審査を受ける前に調達額を知りたい場合に役立ちます。サービスの詳細を知りたい場合は、資料を請求してみましょう。
 

メリット・デメリットを熟考して事業資金を調達しよう

資金調達方法は複数あるため、自社の現状に沿ったものを選ぶことが大切です。
利息や手数料を考えると、返済義務のない調達方法を選んだほうがいいでしょう。
ファクタリングなら支援が集まらないリスクや、経営に干渉されるリスクがないため、安全かつ確実に資金を調達できます。株式会社JTCなら、スピーディーで利便性が高いのでおすすめです。まずは、スピード診断や資料請求を申し込んでみましょう。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達