JTCの入金前払いシステム
(ファクタリング)
factoring ファクタリング専門会社JTCの特徴

ファクタリング企業による入金前払いシステム
(ファクタリング契約)の解説|ファクタリング会社はJTC

最近よく聞くけど、いまいち、よく分からない・・・
入金前払いシステム(ファクタリング)とは?

融資がダメでも大丈夫。
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達

会社を経営する中で誰もが一度は頭を悩ますのが資金繰り。中小企業の場合、資金調達方法は限られ、そのほとんどが借入(借金)だけに頼っています。
しかし現状、借入だけでは間に合わない、また、これ以上の借入が難しい企業はたくさんあります。
そこで新たな資金調達方法として入金前払いシステム(ファクタリング)を検討してみてはいかがでしょうか?

入金前払いシステム(ファクタリング)とは?

入金前払いシステム(ファクタリング)とは、企業が有する売掛債権を買い取り、場合によって当該債権の回収までを行う金融取引の総称です。
譲渡が可能な債権は現在有しているもののみならず、将来の債権についても有効とされており、譲渡された第三者(ファクタリング会社)が自己の責任において回収・管理するため、回収不能・不良債権化のリスクが無く、スピーディに現金化が可能という、今中小企業を中心に人気が高まっている資金調達方法です。

借入するより簡単!?

入金前払いシステム(ファクタリング)は、お客様の売掛金をお取引先に代わりJTCが前払い致します。
借入とは違い、保証人、担保などは必要なく、売掛金があれば資金調達をすることができるほか、審査をする内容も借入とは異なるため、例えば銀行融資を申込み、事情により断られた方や、ビジネスローンを断られた方でも契約が可能です。
さらに、申込みから実行までのスピードも早いため、急な資金繰りにも対応でき、資金調達がなかなかうまくいかないという声が多い中小企業でも、意外なところ(売掛金)で簡単に事業資金の調達ができるのです。

売掛金の前払いってどういうこと?

資金ショートをおこした際に、「来月に予定の入金が今月入金されたら…」、と思ったことはございませんか?支払いを来月に延ばすのは大変で、様々なリスクも伴いますが、実は、売掛金を前払いするのは意外と簡単なのです。

  • 1売掛金をJTCが前払い致します。
    売掛金をお取引先に代わりJTCが前払い致しますので、売掛金が現金になり運転資金としてご利用できます。
  • 2入金日にご精算
    売掛金の入金日に清算していただきます。

取引先に知られたくない方でも安心契約

お客様の売掛金をJTCが前払いするということは、お取引先に対する売掛債権をJTCに譲渡するという事になります。
ここで問題なのが、債権を譲渡する際にお取引先とのトラブルを無くすためにも、予めお取引先の承諾が必要になります。
ところが、実際に承諾がいただける場合は少なく、お取引先に承諾をもらうことができない方、又は、知られたくないという方がほとんどです。
JTCではお取引先に知られたくないという方でも、安心してご利用いただけるシステムもご用意しております。

    入金前払いシステム(ファクタリング)の仕組み【図解】

    お取引先から事前に承諾が貰える場合の入金前払いシステム(ファクタリング) 

  • 前払いした売掛金の入金日に、お客様のお取引先からJTCにお支払いをしていただきます。
    (そのために承諾が必要なのです。)
  • ご入金の流れ

  • お客様の売掛金をJTCが前払いした後、本来の入金日にお取引先からの入金はJTCにしていただきます。(その為に承諾が必要になります。)
  • 入金前払いシステムイメージ図

    お取引先に知られたくない場合の入金前払いシステム(ファクタリング)

  • 前払いした売掛金の入金日に、お取引先から従来通りお客様へお支払いをしていただきます。
    お取引先に対し支払先の変更も必要なく、知られる心配もございません。
    ※お取引先から入金がございましたらJTCにお支払いください。

お取引先の承諾がNGの方はこちら

「取引先の承諾はちょっと…。」という方にはお取引先に知らせずご利用いただける入金前払いシステム(ファクタリング)もございます。
お取引先に知られずにご利用されたい方には、お取引先からは、従来通りお客様のもとへ入金していただきます。お取引先から、承諾をいただく必要がなく知られる心配もございません。

ご入金の流れ

入金前払いシステムイメージ図

※お取引先から入金がございましたら、JTCにお支払いください。
※売掛金を現金化(売却)いただいた後は、売掛先の破綻等の理由で売掛金の支払い受けることができなくなった場合でも、当社がお渡しした現金(売掛金の売却 代金)をお戻ししていただく必要はございません。


入金前払いシステム(ファクタリング)のご利用の流れ
SERVICE

一度のご利用でも、繰り返しのご利用も可能


買取させていただいた売掛金が入金された時点で、清算していただきますが、その後も御社の売掛金が繰り返し発生される場合、継続してご利用が可能です。

入金前払いシステム(ファクタリング)のメリット・デメリット

メリットとしては下記のような点が挙げられます。
①売掛金の早期資金化
②売掛先の財務状況が悪くなり、倒産した場合も支払いリスクは発生しない。
③事業運営に使用している資産・負債でも、貸借対照表(バランスシート)に計上されない

一方、デメリットとしては下記のような点が挙げられます。
①売掛債権の金額範囲内のみ、資金化できる(そもそも売掛金がない場合はできない)
②ファクタリング会社への手数料が必要
③承諾を貰う契約を選択した場合、売掛先・ファクタリング会社との間で契約に係る手続きが必要

ご利用を検討の際は上記を踏まえた上で自社の状況を鑑み判断をすることが必要です。

メリットとデメリット

ファクタリング契約後の報告義務について

取引先からの承諾が不要のファクタリング契約の場合、事務委託契約を締結することにより 従来通り取引先からの入金を受けることができ、取引先に知られずに契約することが可能となります。
事務委託契約には、ファクタリング会社から請求があるときは、事務の処理状況、取引先の状況、 譲渡債権の経過及び結果を報告しなければならず、また、譲渡対象債権の発生の原因となる契約に関し、 お客様及び取引先に、履行遅滞その他の債務不履行が発生したときや、取引先が、お客様に対して負う 金銭債務の履行を1回でも遅滞したときには直ちに報告することが義務となります。
報告義務を怠たるなど、事務委託契約に違反した場合には、損害賠償請求を行うこともございます。

ファクタリング契約の解除及び損害賠償、違約金について

ファクタリング契約には、取引先からの承諾の有無を問わず、対象債権の条件、買取方法、 禁止事項などが定められており、それらに違反した場合には、損害賠償請求、個別契約の解除、 個別契約解除による現状回復請求を行うこともございます。
また特に、譲渡債権に偽りがある場合や、債権が架空の場合、提供した書類に虚偽の記載があった場合などの時には各請求に加え、少額の契約金額であっても刑事告訴を行います。
契約内容でわからないことなどがございましたら担当スタッフまでお尋ね下さい。

よくあるご質問

 弊社の買取取引基準が100万円からとなっております。 上限については特に設けておりませんが、売掛債権の買い取りになりますので御社の売掛債権の範囲内からの資金調達になります。融資とは違いますので、売掛債権額を上回る資金の調達は不可能です。

 弊社の、サービスでは、通常のファクタリングとお取引様に知られずに行うファクタリングの2種類ご用意しており、お客様のご希望に合わせて、契約は可能です。ただし、契約違反等が発覚した場合にはお取引先にご連絡する場合がございます。

 可能ですが交通費につきましてはお客様にご負担をお願いいたしております。ただ、その時の状況などによりご希望の日にいけない可能性もございますのでご了承下さい。また、JTCではお忙しい方のために土曜日、日曜日、祝日も対応できますのでご相談下さい。

 他社に売却(ファクタリング)された売掛債権については買取することはできません。しかし、他の売掛債権については買取できますのでご相談下さい。また、他社からの契約の乗換のご相談についてもお受けいたします。是非一度お見積りだけでもいかがですか?


調達額がその場でわかるスピード診断

ご希望の金額必須
翌月の売掛金必須
翌々月の売掛金必須
種別必須
お取引先の承諾必須

※承諾がもらえない場合でもご契約は可能です。(法人限定)
会社名必須
お名前必須
都道府県必須
メールアドレス必須
電話番号必須