コラム
更新日:2019年12月13日
作成日:2019年12月10日

事業資金はどう調達する?融資相談に乗ってくれる4つの相談先を紹介

企業経営において、事業資金の調達はとても重要です。資金調達のために融資が必要になる場面も少なくありません。そのようなケースで、融資相談に乗ってくれる場所として、最初に思い浮かぶのは銀行ではないでしょうか?
しかし、銀行以外でも融資の相談に対応してくれるところはあります。今回は、融資の相談先によるさまざまな機関や企業について紹介し、それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。
 

融資相談に乗ってくれる相談先1:ファクタリング会社

ファクタリング会社が提供しているファクタリングサービスは、融資とは異なります。
ファクタリングは、売掛先企業に代わって、ファクタリング会社が売掛金を前払いしてくれる仕組みです。
プロセスとしてはまず、ファクタリング会社に売掛金を売却し、売掛金を前払いしてもらいます。その後、売掛先からファクタリング会社に支払をして貰い精算を行います。ファクタリングには、売掛先企業からの承諾を必要とする「通常のファクタリング契約」のほかに、利用者とファクタリング会社だけで契約が完了する「承諾のいらないファクタリング契約」があります。売掛先企業にファクタリングの利用を知られても問題ないかどうか、自社の状況に合わせて選択することが大切です。

 

ファクタリングで資金調達の相談をするメリットとデメリット

ファクタリングを利用するメリットには、まず「銀行に比べて審査が柔軟である」点があげられます。ファクタリングの審査で重視されるのは、利用する企業の信用ではなく、売掛先企業の支払い能力です。そのため、融資を断られた企業でもファクタリングを利用できる可能性があります。
次に、「審査期間が短い」という点です。ほかの資金調達方法よりも審査のスピードが早く、急に事業資金が必要な場面でも利用できます。ファクタリング会社であるJTCであれば、最短1日で調達することも可能です。
 
ファクタリングについて実績のあるJTCはこちら
https://j-t-c.info/
 
「信用情報機関の信用情報に記録されない」という点も、ファクタリングのメリットです。売掛債権を利用した資金調達方法には、ファクタリングのほかに売掛債権担保融資があります。こちらは、売掛金を担保にした融資であるため、指定信用情報機関の信用情報に登録されますが、ファクタリングであれば、売掛債権の売却による資金調達のため、信用情報に登録されませんので、その後に融資を受ける場面で大きな影響が出ることもないのです。
 
メリットの多いファクタリングですが、デメリットもあるため、利用する前にチェックが必要になります。ファクタリングのデメリットとしては、「法人向けの売掛金がないと利用できない」点があげられます。また、「売掛債権の金額の範囲内でしか資金が調達できない」というところにも注意が必要です。不足する事業資金を上回る売掛債権がある企業が利用することで、資金繰りの改善ができる方法がファクタリングであるといえます。

 

融資相談に乗ってくれる相談先2:銀行

都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合などの金融機関では、融資相談に応じてもらうことができます。このなかでも都市銀行や地方銀行では、金利が低い代わりに審査が厳しいという傾向があるでしょう。そのため、一般的に中小企業にとっては、信用金庫や信用組合の融資のほうが利用しやすいです。どの銀行でも、銀行から直接融資を受ける「プロパー融資」と、信用保証協会を利用して融資を受ける「保証付融資」の2種類の融資制度を利用できます。審査が通りやすいのは保証付融資であるものの、財務状況などから定められた保証料の支払いが必要となります。
 

銀行で融資相談をするメリットとデメリット

銀行融資を利用するメリットは、銀行の支店が多いため、利便性が比較的高い点があげられます。融資に関する相談は、融資をお願いするときだけではなく返済時にも必要になるので、すぐに相談できる場所が近くにあるというのは便利です。また、ほかの融資よりも金利が低いのも利点です。金利が高いと経営の負担になることから、銀行融資を希望する企業は多いといえます。ただし、銀行融資はほかの融資に比べると、審査が厳しいというデメリットもあります。審査基準の高さから、資本力のない中小企業は融資を受けづらいでしょう。さらに、税金の未納がある場合は、銀行融資を受けるのが難しくなる点にも注意が必要です。銀行からの融資を希望するときには、提出書類の作成などのため一定の準備期間を設けておくことが大切だといえます。
 

融資相談に乗ってくれる相談先3:ノンバンク

ノンバンクとは、銀行のような預金業務を行わず、貸付業務のみを行う金融機関です。
ノンバンクで提供されるビジネスローンを利用することで、資金調達ができます。ノンバンクには、消費者金融会社や信販会社、リース会社などが含まれます。

 

ノンバンクで融資相談をするメリットとデメリット

ノンバンクから融資を受けるメリットは、「審査に通りやすい」点があります。銀行と比較して、ノンバンクの融資審査は基準が低く、銀行融資を断られた企業でも利用できる可能性があるのです。また、銀行融資に比べ審査の期間も短いため、銀行融資では資金調達が間に合わないような状況でも利用できます。ただし、銀行融資に比べ金利が高いというデメリットがあり、短期間で返済を終えないとコストが大きくなるため注意が必要です。ほかにも、預金業務を行っていないために資金力に乏しく、融資を受けられる限度額が低いという点もあります。

大きな資金が必要な場合でも充分に借入が出来ず、利用しづらいというケースもあるのです。さらに、融資を受けるために担保が必要になる場合も多く、無担保の融資では審査が厳しくなる傾向もあるため、どの企業でも利用できるとは限りません。

 

融資相談に乗ってくれる相談先4:日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、政府系の金融機関です。全国各地に支店があり、中小企業の支援にも積極的です。銀行などで、融資を断られた企業でも、日本政策金融公庫であれば融資を受けられる可能性があります。また、中小企業支援の一環として、経営や事業に関するセミナーなども展開しています。

 

日本政策金融公庫で融資相談をするメリットとデメリット

日本政策金融公庫での借入は固定金利であり、金利が比較的低いというメリットがあります。返済期間も長く設定することができ、融資を利用することで資金繰りに余裕を作ることが可能です。政府系の金融機関であるため、資金力が高いというのも特徴です。そのため、高額な融資にも対応しており、工場設備や不動産取得などの設備投資の資金を用意する際にも頼ることができます。その反面、審査には銀行以上に時間がかかるため、すぐに資金調達が必要な企業には向きません。審査のために必要な書類も多く、事業計画書などの準備に手間や時間がかかる点にも注意が必要です。そして、政府系金融機関であるので税金の未納がある場合、融資を受けることが難しいでしょう。日本政策金融公庫から融資を受ける際には、法人税・所得税・住民税などの納税状況をあらかじめチェックしておくことが大切です。

 

事業の状況に見合った融資先に融資相談を行おう

資金調達の方法は複数の種類があり、事業の状況に適した方法を選択することが重要です。ファクタリングは法人向けの売掛金が発生する事業であれば利用でき、短期間で資金調達したいケースに向いています。JTCは全国の企業を対象にサービスを提供しており、出張サービスも対応可能です。調達額がその場でわかる「スピード診断」も用意されており、ほかのファクタリング会社に比べて手数料が10%以下と安く設定されているので、ファクタリングの利用を検討しているなら、一度試してみると良いでしょう。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達