事業資金関連コラム
更新日:2022年04月07日
作成日:2022年03月08日

ファクタリングで即日資金調達するための方法や会社選びのコツ

「今日中に資金を用意したいけれど、対応してもらえる金融機関が無くて困っている」という悩みを持つ人にとって、ファクタリングサービスは心強い味方となります。

ファクタリングは借入とは違い、保有している債権を売却して金銭を得る手段です。そのため、信用情報の審査を必要とせず、スピーディに現金を調達できます。

しかし、どうやって利用するのか、どこを選べばいいのかがわからないと、具体的に利用するイメージも湧きにくいものです。

そこでこの記事では、具体的なファクタリングの方法や、会社選びのポイントについて解説します。ファクタリング会社選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ファクタリングで即日資金調達できる理由とは

ファクタリングは借入ではなく、保有債権を売却して資金を調達する仕組みです。そのため、ファクタリング会社が債権を買い取ることが確定すれば、スピーディに売却金額が支払われます。

金融機関や公庫からの融資を受ける場合には、無担保のプロパー融資では約3週間、保証付き融資では早くても1ヵ月~1ヵ月半がかかります。保証付き融資は、通常の審査に加えて信用保証協会との情報共有等も必要となるため、どうしても期間が必要となってしまうのです。

対してファクタリングは借入金ではないため、担保や保証人は必要ありません。ファクタリング会社は債権の内容を勘案して「売掛先からの回収が可能か」という点を主に重視します。

スピーディな資金調達が可能な理由としては、借入の際に必要となる審査項目が少ないことが最も大きな理由となります。

基本的には、ファクタリングを行うことで自社に対してリスクがないか、優良な取引相手であるかどうか審査を通して判断しています。

つまり、審査では売掛先の与信はもちろんですが、申込側の「信頼性」も審査で問われます。申込審査の書類に不備があったり、書類の偽造が疑われるようなことがあっては信頼性を損ないます。

審査項目が少ないとはいえ、こういった場面でも企業の信頼性確保に繋がりますので、ファクタリング会社とのやりとりではスムーズな対応を心がけましょう。

ファクタリングと他の売掛債権を比較

ファクタリングと他の資金調達方法を比較して、期日前に債権を現金化する方法を3つピックアップしました。
それぞれの違いを見ていきましょう。

手形割引との違い

手形割引とファクタリングの違いは「何を現金化するか」という点です。ファクタリングで現金化するのは売掛金であり、手形割引で現金化するのは受取手形となります。

手形割引とは、手形は記載されている期日までは支払いを受けられません。しかし、銀行または手形割引業者に一定の手数料(割引料)を支払う事で期日より前に現金化ができる資金調達方法です。

売掛金と手形割引は両方とも将来的に支払いの約束がされた状態であることに違いはありません。しかし、手形割引は手形が決済され落ちなければ、銀行との取引に影響を及ぼすリスクがあります。半年に2回手形の不渡りが起きてしまうと、事実上の倒産といえるでしょう。そのため、リスクを踏まえて、企業は不渡りを起こさないよう尽力するのです。

手形決済は日本の企業間で古くから行われてきた決済方法ですが、最近では手形決済を行う企業は減少傾向にあります。大企業が率先して手形印紙税や管理にかかる人件費などのコスト削減に取り組み、現金決済の広がりが中小企業にも波及したことも理由の一つでしょう。

でんさい割引との違い

手形を電子化したものをでんさいと呼びます。でんさい割引の内容は、ほとんど手形割引と同じです。昔から日本の商取引では手形が使われてきましたが、手形の盗難や紛失、郵送料、印紙代がかかるなど、いくつかのデメリットを解消するために、でんさいが考案されました。

でんさいのメリットは、印紙代がかからず、手形を分割できる点です。手形取引が多い企業では、手形をでんさいに切り替えるだけで、印紙代を大幅に削減することができ、無駄な経費を抑えることが可能です。手形は裏書によって債権を他の企業へ譲渡することで支払いにも活用できますが、でんさいは、金額の一部を支払いに充てる分割をすることも可能です。

でんさいは手形よりも応用的な使い方ができ、コスト削減になるメリットがあります。

ファクタリングとの違いは、決済手段としての対応幅です。

でんさいは、でんさいを使っている企業間だけでしか利用できません。しかしファクタリングは、売掛債権を売却して現金化する仕組みであり、決済手段に関わらず売掛債権を保有していれば可能です。

また大きな違いとして、売掛先の企業が倒産したときの責任範囲にも違いがあります。

でんさいや手形の場合、手形を割引売却した銀行への弁済責任が発生しますが、ファクタリングには基本的に償還請求権がありませんので弁済責任はありません。

ABLとの違い

ABLは売掛債権や商品の在庫を担保にして、金融機関から資金を借り入れる方法です。売掛金や在庫は逐一銀行へ報告しなければならず、完済するまで煩わしさを感じることもあるでしょう。

ABLは融資である以上、金融機関は融資を受ける会社の信用情報を審査します。売掛金や在庫を差し入れることに加えて、ある程度の信用力がないとABLでの借入はできません。例え売掛金の価値が高くとも、債務者自身が赤字や債務超過だと借入ができなかったり、融資枠が低く設定されたりすることがあります。

対してファクタリングはABLと異なり、融資ではないため担保の差し入れなどはありません。ファクタリング会社は売掛先の信用力を見て買取を判断することになります。

また、信用情報の審査を行うABLでは資金調達までに2週間以上かかることも少なくありませんが、ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛債権を買い取ることを決定すれば即日現金を手にすることが可能です。

JTCは手数料の安さ、資金調達スピードに自信を持っています。

お申込み前に金額、手数料のご提示を致します。

 

 

ファクタリングで即日資金調達するための最低条件

資金調達に関して柔軟性に富んだ対応が可能なファクタリングですが、ファクタリングで資金を手にするために最低限必要な条件があります。

以下、3つのポイントにて解説します。

売掛債権が発生していること

ファクタリングは売掛債権を売却することで資金を調達します。したがって、最低限の売掛債権がなければファクタリングはできません。

・これから売掛金が発生する予定である
・すでに売掛金を回収した

といった状況には対応できないため、注意が必要です。

現在有効な売掛債権があることを示す書類の有無が、大事なポイントになります。

日ごろから売掛金で決済している取引先があれば、毎月の一定時期には何かしらの売掛金の残債があるはずです。タイミングを図ってファクタリングを申し込むと良いでしょう。

必要書類が揃っていること

ファクタリングを受けるには、売掛債権を示す証拠となる書類や、金額がわかる契約書、見積書や請求書、代表者に関連する本人確認書類が必要です。

ファクタリング会社によっては試算表などの書類が必要となる場合もあります。

会社の財務諸表は日ごろから決算処理を行っていないと、すぐに用意することはできませんので、しっかり記帳しておくようにしましょう。

財務諸表の他に、印鑑証明を求められる場合もあります。印鑑証明は基本的に役所で発行することが可能です。土日だと対応できない自治体もあるため注意しましょう。

ファクタリングで即日資金調達するために必要な書類一覧

ファクタリングで資金調達するためには、ファクタリング会社へ提出する書類を揃える必要があります。

必須書類と、他にあると良い書類を合わせて以下に6点ピックアップしました。

本人確認書類

ファクタリング会社のサイトでは、必要書類に本人確認書類が記載されていない場合があります。しかしファクタリングでは基本的に、代表者の本人確認書類が必要です。

ファクタリング契約を結ぶ時は、最後に代表者と契約します。なりすましなどの不正防止のために、本人を確認できる書類の提出が求められます。

書類として有効なものは、免許証やパスポート、マイナンバーカードのように写真付きのものであれば一点、保険証など顔写真がないものは、ほかに公共料金の領収書などが必要となります。

各書類の有効期限については、ファクタリング会社ごとに異なります。

登記簿謄本

会社の登記簿謄本は法務局にて誰でも取得できます。

登記簿謄本は会社の存在を証明するためのもので、会社名や所在地、資本金額、役員名、発行済み株式数など、会社の基本情報が記載されています。

ファクタリング以外にも、銀行に法人口座を開設する、銀行から融資を受ける、事業に伴って自治体から許可を取得するときなど、使う機会は多くあります。

会社の規模や事業内容、実態を確認するための基本的な資料で、提出は必須です。提出することで会社の信用力をアピールすることができます。

預金通帳

事業で利用している預金通帳の提出も必要です。ファクタリングの資金の入金先確認の他にも、事業における資金の流れを預金通帳の残高から確認します。

売掛先の企業とのつきあいが長ければ長いほど、ファクタリング会社が取るリスクが下がるため、手数料が安くなる可能性があります。

取引状況がよくわかる取引履歴を提出すると、信用力アップにつながります。健全な取引をアピールするためにも、預金通帳は提出しましょう。

決算報告書

決算報告書は、確定申告のために税務署へ提出した税務書類のことを指します。

売り上げの確認というよりは、ファクタリング会社が申し込みをした会社の事業規模を確認するために提出を求められます。

また、決算報告書の内容によって売掛債権の有無が確認できます。良い条件で売掛債権を買い取ってもらうために提出しましょう。まだ決算期が到来していない、創業間もない会社の場合でも対応してくれるファクタリング会社もあります。

請求書や見積書

請求書の発行によって、売上と売掛金の存在が明らかになるため、証拠書類として請求書を提出します。請求書があると具体的な金額まで把握できるため、話をスムーズに進めることが可能です。

請求書のほか、見積書や取引の証拠となる契約書、業務委託書類などの書類があれば準備しておきましょう。

実印と印鑑証明書

なりすましを防ぐために、契約書類への捺印は実印を使います。したがって、代表者か会社の実印が必要です。

印鑑証明は、ファクタリング会社により求められる部数が変わるので確認が必要です。

ファクタリングで即日資金調達する際の注意点

ファクタリングによって資金調達を行う場合、気を付けるべきポイントを5点ピックアップしました。

取引先の承認を得なければならない

通常のファクタリングは、利用にあたって売掛先の承認を得て、売掛先、ファクタリング会社、利用者の3者間でファクタリング契約を結び、売掛先がファクタリング会社に売掛金を支払う仕組みとなっています。

そのため、取引先にファクタリングを利用することを説明し、承認を得なければなりません。ファクタリングは一般に普及している資金調達の手法ではあるものの、取引先にとって初めての機会となる場合や、理解がない場合には承認が得られない場合もあるでしょう。

ファクタリングの利用を検討するタイミングは急ぎであることが多いものの、相手の都合や担当者などのスケジュールを鑑みた上で、相談してみるようにしましょう。

優良でない会社を選んでしまう恐れがある

現在、ファクタリングのサービスを提供する会社は多くありますが、中には、手数料が一般のファクタリング会社より異常に高いなど、優良とはいえない対応をする会社も存在します。

優良なファクタリング会社かを見極めるためには、会社のサイトや所在地、電話番号等をチェックするほか「一般的なファクタリング会社とはまったく違う条件となっていないか」「具体的なフローが書かれているか」といった点にも注意してみると良いでしょう。

実際にサービスを利用した人の口コミや評判を参考とするのもおすすめです。

手数料を上乗せされることがある

ファクタリング会社との取引の途中で、手数料を上乗せされることがあります。

しかし、もちろん知らない間に手数料が上乗せされるということはなく、明確な理由があります。

手数料が上乗せとなるのは、売掛金回収のリスクが大きい場合です。

売掛金の回収リスク増加は、売掛先の企業の信用リスクによるものです。リスクが判明したからといって、あとから手数料を追加するファクタリング会社は避けるのが無難です。

手数料の内容、上乗せされている場合はその理由を確認し、しっかりとした取引をしてくれるファクタリング会社を選びましょう。

資金繰りに行き詰る可能性がある

ファクタリングはあくまでも現金が必要な時の緊急回避的な措置ですが、毎月ファクタリングを繰り返す状況に陥ると、やがて資金繰りがうまくいかなくなる可能性があります。

ファクタリングは本来受け取るはずの満額の売掛金を安く売却していることになるため、経営上不健全な形になってしまうのです。

緊急事態を回避した後はなるべく早めに健全経営へと戻すことをおすすめします。

取引先の信用度も重要になる

ファクタリング会社は売掛金を買い取った上で回収して利益を出すビジネスモデルです。したがって「売掛金が回収できるか」という点を最も重要視します。

日ごろから健全で円満な取引ができている取引先であれば、とくに気にする必要はありませんが、取引先の信用力によってファクタリング契約ができないケースもあると覚えておきましょう。

即日調達できるファクタリング会社を選ぶ際のコツ

売掛債権をその日のうちに買い取り、即座に支払いを済ませてくれるファクタリング会社の選び方を解説します。

審査から入金までスムーズに行えるか

その日のうちに入金まで完了するには、過程の審査や書類の確認など、事務作業のスムーズさが求められます。

入金スピードについては各社とも数時間以内とアピールしていますが、即日入金となる根拠を明確にしているファクタリング会社を選びましょう。

スムーズな審査から入金までを実現するには、事前の書類準備が重要となってきます。

必要書類が揃わないと入金までに時間がかかってしまう為、事前に必要書類はファクタリング会社に確認しておきましょう。

オンラインファクタリングに対応しているか

オンライン申し込みの可否は、ファクタリングの即日入金に大きな影響を与えます。

オンラインファクタリングを実施している会社は、半自動のシステムを採用している可能性があり、必要書類の不備がなければオートマチックに、審査から入金まで完了する可能性があります。

オンラインファクタリングは早さの点で強みがありますが、来店不要のため資金調達可能金額が低いというデメリットがあります。

300万円以上の資金調達を希望の場合は、オンラインファクタリングではなく、来店による契約のほうが良い結果が得られるかもしれません。

高額の資金調達をご希望の方は取引金額に上限を設けていないJTCにご相談ください。

お申込み前に金額、手数料のご提示を致します。

買取可能額はどうなっているか

ファクタリング会社では、売掛債権の買い取り上限金額が決まっています。

したがって、希望する金額との相違があると、審査以前に申し込みを断られてしまいます。

売掛債権の買い取り金額の相違はどうしようもないため「来店してから気が付いた」とならないよう、事前に調べておきましょう。

事業規模が小さな個人事業主の方の場合、買い取り上限が低いファクタリング会社のほうが審査に通りやすいこともあるため、事業規模に応じて上限金額を選びましょう。

ファクタリングを考える場合、事前に一定の条件をもとにファクタリング会社を選別しておくことをおすすめします。

手数料が相場と同じぐらいか

ファクタリング会社の手数料はWEBサイトで公表されています。一般的にファクタリングの手数料はおおよそ10%前後となっていますが、手数料の相場はあいまいです。

ファクタリングの手数料は、回収リスクが高いほど手数料は高い傾向にあります。逆に回収リスクが低くなると手数料は安くなるため、売掛債権ごとに手数料が異なるのです。

償還請求権の有無はどうなっているか

償還請求権とは、売掛先の企業が売掛金未払いのまま倒産してしまった時に、ファクタリングを申し込んだ利用者が弁済しなければならない仕組みです。

多くのファクタリング会社は「償還請求権なし」と設定されていますが、まれに設定されているファクタリング会社があるため注意が必要です。

即日入金可能で、手数料が安いファクタリング会社が実はリスクを回避するために、償還請求権を設定していた、というケースもあるため、申し込みの段階でよく確認しておくことをおすすめします。

即日ファクタリングを成功させるためには

ファクタリングによる即日入金を実現するために、準備や行動についてポイントがあります。ひとつずつ具体的に見ていきましょう。

希望額をできるだけ少額にする

即日の入金を希望する場合、希望額はできるだけ抑えたほうが良い結果が得られます。

大きな金額になるとファクタリング会社のリスクが増大するため、審査に時間がかかり、即日入金ができなくなるのです。

資金の用意にも時間がかかり、余計に即日の入金が難しくなります。

大きな金額を用意したい時は、即日入金をあきらめて計画的な資金調達方法を考えたほうが、よい結果を得られるかもしれません。

事前準備と審査を済ませておく

ファクタリングの申し込みは、前述のとおり書類が必要になります。事前に抜かりなく用意しておきましょう。

可能であれば、事前審査を終わらせておくと即日入金の可能性が高くなります。

オンラインファクタリングに対応しているファクタリング会社は、簡易的な審査をオンラインで行っていることもあるため、うまく活用しましょう。

必ず提出しなければならない書類を中心に、あると良い書類もしっかりと揃えて、あとは出すだけの状態にしておきましょう。

営業開始後すぐに電話をする

単純に時間の余裕があるほうが、即日入金の可能性が高まります。店舗の営業時間を待って、営業がスタートすると同時に電話をして申し込みの意思を伝えましょう。

電話で問い合わせをしたうえで訪問すると、その場で契約書類を作成してくれるファクタリング会社が多いです。したがって、契約した当日に売掛債権の買取代金が振り込まれる可能性が極めて高くなります。

早めの行動は自分でできる簡単なことのひとつといえるため、ぜひ実行したいところです。

直接ファクタリング会社へ訪問する

近くにファクタリング会社があれば、必要書類を一通り揃えて直接出向くという方法も有効です。先客がいなければそのまま審査に進むことができるかもしれません。

とはいえ、ファクタリング会社にも準備は必要です。余裕があれば前もって連絡したほうが、よりスムーズに話を進めることができるでしょう。ダイレクトな来店は、あくまで緊急時のイレギュラーな方法としておきましょう。

同じファクタリング会社を利用する

過去にファクタリングを申し込んだ会社で受付可能であれば、再度利用しましょう。

以前の申込内容があれば審査もスムーズで、手数料が安くなる可能性があります。

再度の申し込みは、過去の実績をベースに審査ができるため、審査項目が少なく、提出書類も必要最低限で済みます。時間がかからない分、即日入金が可能です。

即日ファクタリングを利用する際のよくある質問

即日入金できるファクタリング会社を探している方からよくある質問を、厳選して3つピックアップしました。

個人事業主でも利用できる?

「サイトで解説されている事例は企業が多いけど、個人事業主でもファクタリングできるのか知りたい」など、個人事業主のファクタリングについて、どうしたらいいのか、疑問を持つ方は少なくないでしょう。

結論からお伝えすると、個人事業主でもファクタリングは可能です。ファクタリング会社は売掛債権を買い取りするビジネスを行っているため、個人事業主でも売掛債権があればファクタリングができます。

<個人事業主がファクタリングを利用する際の条件>
・ファクタリング対象となる売掛債権を保有していること
・売掛債権がファクタリング適用可能と判断されること
・ファクタリング会社が指定する必要書類を滞りなく用意すること

これは個人事業主ではなくてもあてはまる条件ですが、個人事業主でもこれらの条件を満たす必要があります。

ファクタリング会社はWEBサイト上で、個人事業主を分ける書き方はしていませんが、ファクタリングの下限から上限額、手数料で対象としている顧客層を見ると良いでしょう。

事業規模が小さな個人事業主の場合、小口、即日対応可能なファクタリング会社がおすすめです。

土日でも即日入金してもらえる?

ファクタリング会社のWEBサイトを確認したところ、基本的に問い合わせの受付は平日のみとしている会社が多いようです。いくつか24時間対応をアピールしている会社があるので、土日でも対応できるか、問い合わせてみると良いでしょう。

実際に、オンラインでの申し込みや審査であれば土日祝でも対応しているファクタリング会社は存在します。しかし、入金は平日となるケースがほとんどですので、土日祝に即日入金してくれるファクタリング会社はほとんどないと思ってよいでしょう。

土日祝での即日入金が難しくても、申込や事前審査を休日に済ませておくことで、平日にスピーディに入金対応してくれるファクタリング会社は存在しますので、土日祝の窓口対応可能なファクタリング会社を探してみましょう。

審査は必ず必要になる?

ファクタリングでは、債権に対する審査は必ず行われます。

審査の内容はその時の状況によって異なります。ファクタリング会社は売掛債権を買い取るリスクを取るため「リスクに見合うメリットが得られるのか」という点を審査します。

2回目以降の利用や、事業規模、売掛先との取引実績による信用によって審査項目が異なります。内容の差はありますが審査は必ず行われると認識しておきましょう。

まとめ

ファクタリングは資金の借入とは異なり、売掛債権を売却することによって資金を調達する方法です。したがって融資時の審査機関が短く、ファクタリングの内容や、ファクタリング会社の対応次第では即日入金が実現できます。

ファクタリング会社は、緊急の資金繰りが必要になった時の心強い味方です。審査時の必要書類を大きく分けると、代表者や会社の存在を明らかにした上で確認できるもの、売掛債権の内容が確認できるものが必要になります。

取引の状況をより詳しく伝えることができれば、信用度が上がって審査がスムーズに進みます。ファクタリング会社側のリスクが抑えられるため、手数料が安くなる可能性があります。

ファクタリングを依頼する時は、できるだけ取引に関する資料を揃えて提出しましょう。

JTCのファクタクリングでスピーディーに事業資金の調達を!

事業資金を調達する方法はさまざまなものがあるものの、大半の場合では調達までに時間がかかってしまいます。JTCのファクタリングサービスを利用すれば、スピーディーに資金調達を行えるので、急に事業資金が必要になってしまったときには便利です。まずは、問い合わせや資料請求などを行って、資金調達先として検討してみると良いでしょう。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達