コラム
2019年10月17日

事業資金を信用金庫から調達するには?すばやく現金化できる方法も紹介!

事業資金を調達する手段はさまざまなものがあるものの、その1つとして信用金庫から融資を受ける方法があります。信用金庫は地域密着型の経営を行っているところも多いため、特に中小企業にとっては心強い味方となってくれるメリットがあるのです。今回は、信用金庫を利用する際の融資の流れや審査のポイント、メリットとデメリットについて解説していきます。

 

事業資金を信用金庫から調達する方法

事業資金を信用金庫から調達するためには、基本的な仕組みを正しく把握しておくことが重要です。信用金庫とは、エリアごとに組織されている地域密着型の金融機関のことを指します。管轄する地域に住んでいる人や勤務している人、事業を行っている人を対象として金融サービスを提供しているのです。信用金庫から融資を受けるためには、まずはその信用金庫の会員とならなければならない点に注意しておきましょう。都市銀行が大企業への融資を中心に営業を行っているのに対して、信用金庫は個人事業主や中小企業への融資を得意としています。

 

信用金庫から融資を受ける際には、まずは担当者と面談を行うことになるので、必要となる書類の確認やどのような融資プランがあるのかを把握しておきましょう。書類を提出した後に審査が行われ、所定の基準を満たしていれば融資が受けられる形となります。初めて取引を行う場合には、まずは借入実績を作るために少額の融資を受けるようにしましょう。きちんと返済を行うことによって信用ができ、徐々にまとまった金額の融資が受けられるようになります。信用金庫は地域密着型の経営を行っているということもあり、経営上のさまざまな相談にも対応してもらえるので、必要に応じて活用してみましょう。

 

信用金庫の融資条件や金利

信用金庫から融資を受けるときの金利は、借り手となる企業の決算内容や保証人・担保の有無によって決められます。決算が赤字であったり、融資金額に対して充分な担保や保証が行えなかったりする場合には、金利が高くなってしまう傾向にあるのです。融資条件として担保や連帯保証人の設定や、信用保証協会による保証などを要求されるかどうかも決算内容によって決まってきます。資金調達コストを少しでも抑えるためには、必要書類をきちんと整えて、内容を説明できる状態にしておく必要があるでしょう。提出が求められる主な書類としては、3期分の決算書・保有資産に関する資料・企業と代表者の沿革や略歴を記した書類などです。新規事業者であれば事業計画書の提出も必要となるので、あらかじめ準備をしておきましょう。

 

知っておこう!信用金庫で行われる審査のポイント

信用金庫で行われる審査のポイントとしては、まずは資金の使い道が合理的であるかどうかが判断されます。業種やビジネスモデルから見たときに必要なものであるか、会社の実態に即したものであるのかが考慮されるのです。融資を受けてから資金の用途を決めるのではなく、審査を受ける段階で明確に目的を示しておく必要があります。新たに機械設備や装置を購入する際には見積書も添付する必要があり、購入価格や見込額が相場と比べて妥当なものであるかのチェックを受けるのです。

 

そして、審査の重要なポイントとして「返済能力の有無」があげられます。現在の経営状況だけが見られるわけではなく、今後の経営見通しについても審査の対象となるのです。さらに万が一、業績悪化などによって融資の回収が難しくなってしまった場合に、債務の保全が必要かどうかも判断されます。保全が必要であると判断されたときには、会社や経営者の状況を考慮したうえで具体的な手段が検討されるのです。基本的な審査のポイントを踏まえたうえで、あらかじめチェックされそうな項目についてはきちんと回答できるようにしておきましょう。

 

信用金庫を利用するメリットとデメリット

信用金庫は地域密着型の経営を行っているため、地域経済の発展やより良い暮らしづくりを目指しています。そのため、地域経済の担い手である地元企業をサポートするために、親身になった対応を行ってくれるのです。その一方でデメリットとしてあげられる点は、メガバンクと比較したときに金利が高めに設定されていることだといえます。一般の顧客からの預金によって資金を調達しているため、メガバンクと比べると資金力で劣ってしまうので金利が高くなってしまうのです。また、信用金庫側としても1件あたりの貸出規模が小さく、顧客あたりの事務コストがどうしてもかさんでしまうといった面があります。地方銀行と比較をしても、金利が高めとなっている点に注意しておきましょう。

 

そして、小規模な貸出が多いため、大きめの資金需要には対応してもらいにくいといった部分もあります。よほど取引実績を積み重ねない限り、大規模な融資は望めないため、ほかの資金調達方法も含めて検討していくことが大切です。さらに、信用金庫における融資審査は、それなりに時間を必要とする点も押さえておきましょう。融資担当役席の審査・営業店支店長の審査・本部審査部署での審査・理事長以下役員の承認・理事長の決裁といった流れで審査が行われるため、すぐに資金調達を行うのは難しいでしょう。急ぎで資金が必要なときには、別の方法で資金調達するほうが無難でしょう。

 

ファクタリングで事業資金を調達することも可能!

ファクタリングは会社が有する売掛債権を買い取って、資金調達を行う金融サービスのことを指します。利用者側は売掛債権を持っていればサービスを利用でき、売掛金の回収を待たずに現金を手に入れることができるのです。資金繰りを改善するための融資を金融機関から断られてしまったときや、急にまとまった支出が必要となったときなどに利用できます。ファクタリングの審査では売掛債権の信用度が重視されるため、会社の経営状況や財務的な面はあまり問題とならないのです。そのため、赤字決算や債務超過に陥っている場合であっても、審査に応じてもらえる可能性があります。

 

ファクタリングサービスを利用するためには、ファクタリング会社に問い合わせし、審査を受ける流れとなるのです。審査を通過すれば売掛債権を売却する契約を結ぶことになり、契約後に売買金額が支払われることになります。

 

JTCを活用するメリットとは?

ファクタリングの大きなメリットとしては、入金までのサイクルが長い売掛金を決済前に現金化できる点にあります。JTCであれば、特に審査のスピードが速いため、急に事業資金が必要になった場合でもすぐに対応してもらえるのです。保証人を立てたり、担保を設定したりする必要がないため、売掛債権を有していれば資金調達を行えます。金融機関の審査とは異なるので、銀行融資が受けられない場合やビジネスローンを組むことができないといったときでも、審査に応じてもらえるのです。

 

売掛債権をファクタリング会社に譲渡する際には、一般的には売掛先の承諾が必要になります。しかし、売掛先との今後の関係に悪影響が出てしまうのを心配して、利用をためらってしまう場合もあるでしょう。JTCであれば、ファクタリングを利用していることを売掛先に知られることなく、サービスを利用できるシステムが整っています。

 

資金調達額がわかる!まずはスピード診断を利用してみよう!

ファクタリングは会社が有する売掛債権を活用した資金調達方法であるため、必要な資金を確保しつつ経営リスクを減らせます。特にJTCでは審査のスピードが速く、手数料に関してもほかのファクタリング会社に比べて手数料が10%以下と安く設定されているので、急ぎで事業資金を調達したいといったときに心強い味方となってもらえるはずです。公式サイトの「スピード診断」を使えば調達額がその場でわかるので、試しに使ってみると良いでしょう。