コラム
作成日:2019年12月13日

銀行融資やビジネスローンだけじゃない!事業資金の最適な調達方法とは?

会社経営を続けていくためには、事業資金を準備しておくことがとても重要です。一般的に、事業資金の調達方法として利用されるのは銀行融資でしょう。しかし、資金調達の方法にはビジネスローンやファクタリングを活用する方法もあります。今回は、自社にあった事業資金の最適な調達方法を選ぶための情報として、銀行融資やビジネスローン、ファクタリングの違いを解説します。

 

会社を維持するために必要な事業資金とは?

事業資金とは、事業を立ち上げる際の資金や、事業を運営するために使われる資金です。会社の経営を続けていくためには、事業資金を確保しておくことが不可欠です。事業資金を調達するための主な方法は、銀行融資や不動産担保ローン、ファクタリングやビジネスローンなどがあります。事業資金の不足は企業の倒産に直結するものであり、余裕のある経営を行うためにも入出金のサイクルなどを把握することが大切です。また、資金不足が予想される場合に備えて、資金調達の手段を確保する努力もしておく必要があるでしょう。そのためにも、事業資金に関する正しい知識や資金調達に関する情報を把握しておくことを忘れてはいけません。

 

事業資金の種類はおもに3つ

事業資金は大きく分けると、「開業資金」「設備資金」「運転資金」の3つです。開業資金は事業を始めるために必要となる資金を指します。まだ事業実績がないため、開業資金を融資してもらうのは困難です。ただし以前から開業予定の業種で働いていた経験がある場合は、比較的審査に通りやすい場合もあります。設備資金は、事業に必要な設備などへの投資に使う資金です。事務所などに利用する不動産の購入費用やパソコンなどを購入する費用に充てられるものを指します。設備資金の金額は、業種などによって大きな差があるため、融資を受けられるかどうかにも違いがあります。

 
運転資金は光熱費や人件費、仕入れ費用など事業を継続するために、定期的に必要となる資金です。運転資金への融資は、開業資金や設備資金と比べると、比較的融資を受けやすい傾向があります。事業資金にも種類があり、「どういった資金が必要か」に応じて、資金調達の方法を変えることも必要です。

 

融資やローンよりも事業資金の調達が簡単なファクタリングとは?

事業資金を調達する場合、一般的に銀行融資やビジネスローンが利用されることが多いです。これらの方法は返済能力や実績、社会的信用や個人信用情報などを審査されます。そのため融資までに時間がかかることも少なくありません。しかし、ファクタリングでは短期間での資金調達が可能です。ファクタリングは、取引先から支払われる予定の売掛金をファクタリング会社に売却することで、すぐに現金化する資金調達方法だからです。ファクタリングを利用することで、売掛先企業から売掛金を回収するまでのタイムラグがなくなるというメリットがあり、多くの売掛金を抱えている企業では、計算上は黒字であっても手元に現金がないというケースが少なくありません。そうした企業は、資金繰りの問題で経営が苦しくなることもあるため、ファクタリングによる資金調達は大きな助けになるでしょう。

 
ファクタリングについてはこちら。
https://j-t-c.info

 

ファクタリングと銀行融資やビジネスローンの違い

銀行融資やビジネスローンで事業資金の融資を受けるためには、一般的に「事業内容」「決算報告書」「代表者の信用情報」などが審査されます。事業内容は、融資を受ける事業の業種や業態、取引先や従業員の数などです。また事業年数や過去の金融機関取引状況なども参考にされます。決算報告書は企業の貸借対照表や損益計算書、勘定科目明細などの書類で、これらを参考に、金融機関は企業の経営状況を詳細に審査します。代表者の信用情報は、代表者の、他社からの借入情報などを指します。銀行融資は担保や保証人を必要とすることが多いですが、ビジネスローンでは必要にならないことも少なくありません。ただし、ビジネスローンは融資上限が低い傾向があり、必要に足りるだけの融資を受けられないケースもあります。

 
これらに対して、ファクタリングの主な審査基準は売掛先企業であり、「確実に売掛金を支払ってくれるか」という点になります。ファクタリングを利用する企業の情報も参考にはするものの、銀行融資ほど厳しい審査を受けることはありません。また、ファクタリングは融資ではないため、返済や利子の支払いは必要なく、代わりに手数料を支払う仕組みになっています。

 

融資やローンよりファクタリングで事業資金の調達をするメリット

融資やローンよりも、ファクタリングを利用して事業資金を調達したほうが良い理由は主に4つあります。1つ目は「キャッシュフローが改善する」という点です。売掛によって取引をしていた場合、なかなか現金化できない状況が続きます。そうした場合でも、すぐに資金を用意できる方法であるため、急なトラブルに対応できるのです。2つ目は「契約が簡単である」ところです。銀行融資やビジネスローンを利用した場合、審査のために多くの書類を用意したり融資までに時間がかかったりします。ファクタリングでは、主に利用者とファクタリング会社、売掛先企業の承諾さえあれば契約が可能です。また契約内容によっては、利用者とファクタリング会社だけで契約を済ませることもできます。

 
3つ目は「負債にならない」という点です。銀行融資やビジネスローンを利用すると、借入した資金は負債になります。しかし、ファクタリング会社に売掛金の売却をするファクタリングであれば、確保した事業資金が負債になることはありません。そのため、銀行取引などにおける信用情報に悪影響を与えないといえるでしょう。4つ目は「保証人がいらない」点です。銀行の融資では、担保や連帯保証人を求められることが多いですが、ファクタリングでは連帯保証人を立てたりする必要はありません。

 

融資やローンよりファクタリングでの事業資金の調達が良い会社

ファクタリングには、融資やローンよりも事業資金の調達方法として優れた点がいくつもあります。ただし、どのような企業にとっても、ファクタリングが適しているとは限りません。ファクタリングの利用に適している企業の特徴としては、「銀行融資を断られた」「売掛金の支払い期間が長い」「負債を抱えたくない」「黒字倒産を避けたい」といったものがあげられます。まず、銀行融資は申請から融資実行までに時間がかかるだけではなく、審査も厳しいために融資が下りないケースも多いです。

 
ファクタリングは売掛先企業の信頼度が重視されるため、銀行融資とは審査基準が異なります。銀行融資を断られた企業でも、ファクタリングでの資金調達が可能なケースは少なくありません。売掛金の支払い期間が長く、資金繰りが苦しくなった企業にとっても、ファクタリングは役立つ資金調達の方法です。売掛金の支払い日が訪れる前に売掛金を現金化できるため、資金繰りを改善させられるでしょう。また、融資やローンを利用して負債を抱えた場合、いざというときに金融機関からの融資を受けられない可能性があります。ファクタリングで資金調達をすれば、負債にはならないため、いざというときにも安心です。

 
そして、経営難ではなく資金繰りの悪化によって起こる、「黒字倒産」を避けるためにもファクタリングは役立ちます。銀行融資とは異なり、審査に時間がかからないファクタリングであれば、すぐに事業資金を用意しなければいけないケースにも対応できるからです。手元の現金が不足しても、ファクタリングを利用できれば黒字倒産に至らずに済むでしょう。

 
ファクタリングについてはこちら。
https://j-t-c.info

 

銀行融資やビジネスローン以外での事業資金の調達も検討しよう

事業資金の調達方法には、銀行融資やビジネスローンのほかにも、売掛金の売却によって資金を得るファクタリングを利用するという方法があります。銀行融資と比較して、資金調達までの時間が短く、審査も厳しくないため利用しやすい点がメリットです。ファクタリングの利用を検討するなら、審査から実行までが早く、丁寧な説明で評判のJTCに相談してみると良いでしょう。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達