事業資金関連コラム
更新日:2022年04月11日
作成日:2022年04月08日

ファクタリングのメリットとデメリットは?正しい知識を得て賢く利用しよう!

資金調達の方法には、銀行融資やビジネスローンをはじめとし、さまざまな資金調達方法があります。

ファクタリングはいくつかある資金調達方法の一つではあるものの、日本では売掛金を売却するファクタリングという行為自体がネガティブな印象に捉えられがちですが、海外では一般的な資金調達手段として活用されています。

日本国内でのファクタリング市場が4.5兆円に対してアメリカが10兆円、ヨーロッパ各国が20~30兆円、中国では50兆円ほどの市場規模となっています。

最近では日本国内でもファクタリング事業に参入する会社も増加傾向にある為、市場規模も大きくなっていく事が予見されています。
ファクタリングは銀行融資やビジネスローンとは違った特徴を持っていて、赤字決算や税金を滞納していても問題なく利用ができるのが特徴です。

この記事では、ファクタリングとはどんなサービスなのか、メリット・デメリットをご紹介します。ファクタリングをしっかり理解し、資金調達の選択肢を増やしましょう。

ファクタリングについて確認しよう!

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却して代金を受け取る方法です。

ファクタリング会社が支払う代金は手数料を引いた額が入金されるので、本来の入金額よりも代金が少なくなってしまいます。

とはいえ最短即日で現金化できるので資金繰りの悪化を防ぐことができたり、早期の資金調達ができたりと多くのメリットが存在します。

また、ファクタリングには取引方法が2つあります。

2者間ファクタリング契約

2者間ファクタリングは、自社とファクタリング会社だけで取引が完結する契約方法です。

スムーズな取引や入金が期待できる他、売掛先に債権を譲渡したことを知られないため、安心して利用できるでしょう。

しかし、2者間ファクタリング契約の場合、売掛金は自社で集金を行いファクタリング会社へと支払う必要があります。

したがって、ファクタリング会社にとって、売掛先に取引の確認ができないのはもちろんのこと、集金した代金を他の支払いへ使われてしまうリスクがあるため3者間ファクタリング契約より手数料が高めに設定されています。

3者間ファクタリング契約

3者間ファクタリング契約の場合、自社とファクタリング会社、売掛先で契約を交わします。

取引先の合意が必要な為、資金調達までに日数が掛かります。

しかし、ファクタリング会社が直接売掛金を回収するので、2者間ファクタリング契約よりも回収できないリスクが軽減されるので、手数料が安く設定されています。

違法ではない

金融庁がファクタリングに関して注意喚起を行っているため誤解されるケースも中にはありますが、金融庁が注意喚起をしているのは事業者向けの「偽装ファクタリング」です。

事業者向けの偽装ファクタリングですが、貸付である金銭消費貸借契約を結ばせる手口があります。

「債権譲渡契約の記載がない」「売掛金が回収できない場合は売り主が負担して支払う記載がある」「売り主が債権を買い戻す記載がある」「高すぎる手数料に設定されている」などをチェックすれば偽装かどうかがわかります。

あくまでも、ファクタリングを利用した悪質な手口に対する注意喚起であるため、注意して利用すれば問題ありません。

借金ではない

ファクタリングは借金ではないので、利用しても負債は増えず返済も発生しません。
素早く資金調達したい時に利用できる資金調達の手段の一つです。

ファクタリングの注意ポイント

ファクタリングを利用するにあたって、いくつか注意点がありますので、利用する際に役に立ててみてください。

手数料は審査してから明確になる

ファクタリングの手数料は、会社によって設定されているとはいえ、調達額や企業の信用度によっても変動します。

また、手数料や買取価格は審査しないと正確にわからないので、複数の会社に見積もりを依頼してから判断する方法がよいでしょう。

審査は時間と手間がかかる場合がある

ファクタリングを利用する際、必要な書類を用意するのに時間がかかってしまうケースがあります。

入金口座、請求書、入金予定などで事前審査を行ってくれるファクタリング会社がほとんどですが、オンライン契約を主としているファクタリング会社の中には、身分証、試算表、決算書などの書類を求められるケースがあり、時間が掛かってしまいます。

また、初めてファクタリングを利用する場合、書類の不備で再提出する可能性も充分考えられるため、注意が必要です。

あまり時間をかけたくない人は、売掛債権だけで審査が可能なファクタリング会社を利用しましょう。

JTCはお申込み前に金額、手数料のご提示を致しており、手数料の安さ、資金調達スピードに自信を持っています。

一括で送金する

2者間ファクタリング契約の場合、売掛金が入金された当日に一括でファクタリング会社に送金しなければなりません。

分割だと貸金に該当してしまい、ファクタリング会社では対応することができないためです。

万が一分割の支払いに対応しているファクタリング会社があれば、偽装ファクタリングの可能性があるため、契約をしないことをおすすめします。

ファクタリングの種類

実はファクタリングには5つの種類があります。
種類ごとに違いを把握して、状況によりファクタリングを使い分けましょう。

買取ファクタリング

先ほどお話しした2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが「買取ファクタリング」に該当します。買取ファクタリングの中で、2社間契約と3社間契約と別れているようなイメージです。

売掛債権を売却して現金を入手する手段で、現金化までが早く、売掛先が倒産してもファクタリング会社から受取った代金の返還義務がない特徴を持っています。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、資金の調達を目的としないファクタリングです。

取引先が倒産して売掛金が回収できない場合に保証会社が保証金を支払うので、売掛債権の貸し倒れをリスクヘッジするための利用方法です。

ファクタリング会社は、取引先の経営状況を調査し、保証の額を設定し、売掛債権の保証をします。

いわゆる、保険のようなサービスだと認識してよいでしょう。
ちなみに、保証料が安い場合は取引先の経営状態が安定している証拠です。

一括ファクタリング

売掛債権を金融機関が一括で買い取る方法です。

買取ファクタリングと同じ仕組みですが、ファクタリング会社ではなく金融機関を利用するため、自社の信用がなければ利用できません。

手数料は一般的な買い取りファクタリングよりも低く設定されています。

診療報酬医療ファクタリング

「診療報酬ファクタリング」は、医療機関が健康保険組合に請求する7割の診療報酬債権を売却し現金化する仕組みです。

診療、介護、調剤など医療関連機関が対象のファクタリングをまとめて、「診療報酬ファクタリング」と呼びます。

7割分の医療費は、請求を出して実際に入金されるまで2か月程度かかります。

ファクタリングを活用すると、即日でまとまった手元資金ができるため、大いに助かるでしょう。医療費の請求先は公的機関となるため、回収リスクが低く手数料が安い点が特徴です。

国際ファクタリング

「国際ファクタリング」は、海外へ物品を輸出する際に、相手の企業から代金を確実に回収するために、海外のファクタリング会社を使って一時的に代金を立て替えてもらう仕組みです。

輸出先の海外企業によっては、代金の支払いを確実に履行してくれるかわからないケースがあります。そのため、最初の数回の取引は前払いを指定するケースもあるのです。

前払いを指定すると、取引に応じなくなる海外企業も出てくるためビジネスチャンスを逃してしまいます。しかし、海外のファクタリング会社を介して取引を行えば、未払いリスクを気にすることなくビジネスチャンスを積極的に取りにいくことも可能となるのです。

支払いの管理は海外のファクタリング会社に全部任せることができるため、余計な手間を削減できるメリットがあります。

しかしデメリットとして、海外ファクタリング会社とのやり取りは言語の壁があり、ややハードルが高いと感じる方が多い点が挙げられます。

ファクタリングをおすすめする企業の特徴

企業の状況によってはファクタリングの利用を検討するのがおすすめです。

しかし具体的な状況がわからなければ検討ができないため、以下の特徴を参考にファクタリングを検討してみてください。

経済状況の悪化などで金融機関からの融資を受けられない

銀行からの融資が受けられない場合、ファクタリングを検討しましょう。

中小企業や個人事業主は、業績が不安定になりやすく、銀行の審査に確実に通るとはいえません。さらに起業してすぐの会社も例外ではなく、会社の歴史が浅い、実績が少ないなどの理由から融資を受けられない可能性もあります。

一方でファクタリングの場合、ファクタリング利用者の業績ではなく売掛先の信用をチェックされるため、銀行の審査に通らなくてもファクタリングなら充分利用できるでしょう。

売上が急速に増えた

売上が伸びてくると運転資金が増加するため、まとまった資金が必要になります。

しかし、銀行融資では売上増加に伴う融資をすぐに受けるのは難しいため、一時的なつなぎ資金として、ファクタリングでの資金調達はおすすめです。

少額とはいえその都度銀行から融資を受けると、その後起こり得るまとまった融資を申込む際に前回の融資日から3~6か月は経過していないと融資が否決になる可能性もあるので、今後の資金繰りも鑑みてファクタリングで調達するか、銀行融資で調達するか判断しましょう。

入金サイクルが長い時にもおすすめ

入金サイクルが長い場合でも、ファクタリングが活躍してくれます。

取引先としては決まった日までに支払いをすればよいので、催促ができません。
仮に先払いをお願いした場合は今後の取引にも影響が出る可能性もあります。

ファクタリングのメリット

ファクタリングには多くのメリットがあると伝えましたが、具体的なメリットについて確認します。

これから紹介するメリットを全て押さえるのは難しいかもしれませんが、ファクタリングのメリットをなるべく多く活かすためにもきちんと把握しておきましょう。

審査が臨機応変で柔軟

ファクタリングの審査は「臨機応変で柔軟である」というメリットがあります。

取引先が倒産しない限り回収できるケースが多く、銀行の融資よりも審査が柔軟で通りやすいのが特徴です。

銀行の場合、決算書の数字や直近の売上が悪いと審査で不利になってしまいます。
そういったことを考慮すると、ファクタリングは柔軟に審査をしてくれます。

自社の業績に関わらず資金の調達ができる

ファクタリングは自社の業績を問われないので、たとえ自社の業績が不安定でも資金調達が可能です。

銀行の融資の場合、業績が審査に左右するため、資金の調達が困難になります。

返済の目処が立たない会社に貸す理由は少ないためです。

しかし、ファクタリングは売掛債権を売却して資金の調達を行うため、自社の業績は関係ありません。

売掛先の業績が良ければ売掛金を回収ができるためです。

売掛金を早く現金化できる

通常、売掛債権が発生してから入金になるまで時間がかかってしまいますが、ファクタリングは売掛金の入金を待つことなく現金化できます。

売掛債権を回収するよりも先に資金がショートして黒字倒産する、などのリスクも避けられます。

万が一取引先が倒産した場合に備えられる

取引先が倒産した場合に備えられるのもファクタリングのメリットです。

取引先が倒産してしまった場合、売掛金を回収できなくなってしまいます。
したがって、大きな損失となってしまい、企業の存続に影響を与えてしまいます。

しかしながら、買取りファクタリングを契約していれば、売掛債権が回収できなかった場合、受取りした代金をファクタリング会社へお戻しする必要がありません。

保証人や担保は不要

銀行の融資とは違うため、保証人や担保が必要ないのもファクタリングのメリットです。

銀行では保証人や担保を設定して回収できないリスクを軽減しています。

しかし、ファクタリングでは売掛債権があれば契約できます。

銀行にも保証人なしの無担保で利用できる融資がありますが、条件が厳しい上、利率も高く、よほど信用できる企業でなければ利用することができません。

最短即日で資金調達できる

2社間ファクタリングの場合、最短即日で資金調達ができます。

契約から入金までのスピードが早いので、すぐに現金が必要な場合にもおすすめです。
融資やノンバンクのビジネスローンよりも早く資金調達ができる点は、唯一無二の魅力といえます。

信用情報への影響がない

ファクタリングは借金ではないので、信用情報に影響を及ぼしません。

銀行融資の場合は、借入を行う経営者本人の信用情報が照会されるため、内容によっては審査に通らない可能性があります。

しかし、ファクタリングは信用情報が照会されないため、自己破産したことのある人や過去に返済遅延を起こしてしまった人などでも資金調達ができます。

会計上は売掛金が解消されるだけなので、負債に影響がなく、信用情報に変化がありません。

資産をオフバランス化できる

オフバランスとは会計のルール上問題のない方法で、賃借対照表に資産・負債を記載しないことです。

ファクタリングを利用して資産をオフバランス化しておくと、少ない資産で大きな利益を得ている印象を与えます。つまり、会社を評価される時に優れた会社であると証明できます。

会社にとっては資産や負債が少ないことが理想であるため、売掛金を減らしつつ、負債に計上されない理想的な状況を作り上げるのに適しています。

ファクタリングのデメリット

メリットが多いファクタリングですが、当然デメリットもいくつか存在します。
デメリットも把握した上で、ファクタリングを検討しましょう。

手数料がかかる

ファクタリングのデメリットは、手数料がかかる点です。

ファクタリング会社もビジネスで買取を行っているため、どうしても手数料がかかってしまいます。本来入金されるはずの売掛金から手数料が引かれてしまうことはデメリットだといえます。

いくら即日入金に対応していて、手数料が経費に計上できるとはいえ、全額入金されない点はファクタリングの利用を検討するうえでデメリットの一つとなってしまいます。

急いで資金調達をする必要がなく、銀行からの融資が受けられる場合は、ファクタリングをあえて利用する理由はないので、状況に合わせてしっかりと検討する必要があります。

売掛先の業績によっては資金調達ができない

売掛先の業績によっては資金調達ができない点があるのもファクタリングのデメリットです。

売掛先が倒産寸前であった場合、自社だけではなくファクタリング会社も利益を得られない可能性があるためです。

売掛先の状況も関係してくるため、確実にファクタリングができるということではない点を事前に理解しておきましょう。

範囲内の金額しか資金調達できない

売掛金の範囲内の金額でしか資金調達ができないのもファクタリングのデメリットです。

売掛金を受け取る権利を売却するため、売掛金以上の資金調達ができません。
つまり、売掛金以上の資金を調達するのにファクタリングは適してはいません。

資金繰りが悪化していると認識される恐れがある

資金繰りが悪化していると認識される恐れがあるのもデメリットです。

とくに事情がない限りはファクタリングを利用せずに銀行から融資をしてもらう会社が多いため、頻繁に利用するサービスでありません。

ファクタリング会社を選ぶポイント

ここで、ファクタリング会社の選び方について解説します。
意識するポイントは4つですので、しっかりと把握してください。

入金や審査のスピードが早い

入金や審査のスピードもファクタリング会社を選ぶ上で重要なポイントとなります。

入金スピードは、「最短翌日入金」に対応するファクタリング会社もあれば、数日から数週間かかるファクタリング会社もあります。

また、審査にかかる時間も数時間で終わるファクタリング会社もあれば、数日かかるファクタリング会社もあります。申し込み方法もオンラインや対面など、ファクタリング会社によって異なります。

他の資金調達方法に比べ、入金や審査のスピードが早いというメリットがあってファクタリング会社を利用しているため、入金や審査に時間がかかるファクタリング会社の利用はあまりおすすめできません。

手数料水準が低い

資金を可能な限り多く調達したいため、手数料水準が低いファクタリング会社を利用するようにしましょう。手数料水準が低いほどメリットが大きいため、手数料水準については事前によく調べておきましょう。

手数料の相場として、2社間ファクタリングで10%前後、3社間ファクタリングであれば1.2%~です。

償還請求権の有無

「償還請求権の有無」でファクタリング会社を選びましょう。

償還請求権は、売掛先が倒産して売掛金が支払われなかった場合、ファクタリング会社から受取っていた代金を戻す必要がありません。

優良ではないファクタリング会社の場合、契約時に償還請求権を設定する方向で話しを進めてくるため注意が必要です。

ファクタリング会社の実績も確認

これまで多くの実績を得ているファクタリング会社であれば、安心して利用できる可能性は高くなります。

公式ホームページをチェックしてファクタリングの内容が詳しく記載されてあり、営業所数、取引事例など様々な情報が記載されている会社がおすすめです。

簡易的なホームページで実績が確認できないファクタリング会社は、特別な理由がない限り選択肢から外しおく方がベターです。

分割払いを認めていたり、保証人や担保が必要だったりする場合は要注意

ファクタリングは原則一括払いをしなければなりません。

貸付ではないため、分割払いに対応しているファクタリング会社はありません。

分割払いに対応している会社は偽装ファクタリングであり、貸金とみなさますのでファクタリングではありません。

また、ファクタリングは売掛金の買取であるため、保証人や担保が必要ありません。

貸金でもなければ融資でもないため、保証人や担保を要求される場合は確実に偽装ファクタリング会社と判断できるので、契約をしないようにしてください。

また、電話での連絡を希望する業者は、メールなどの文章を証拠として残しておきたくない背景があるかもしれません。中には、契約書の控えを発行しない悪徳業者もあるので注意しましょう。

ファクタリングの導入事例

最後に、ファクタリングの導入事例を紹介します。

ファクタリングの性質上、支払いサイクルが長い業種で採用される傾向があり、建設業や運送、製造、派遣業で利用されています。

ファクタリングを導入して危機を乗り越えた企業の一例を確認しましょう。

建設業界の導入事例

建設業界では、足場、鉄骨の組み立て、タイルや壁など、設計に合わせて部分的に下請けに出す必要があります。

しかし、下請け業者に対して工事費用を立替えなければならない場合が多く、完成時までにキャッシュフローが不足するという事態に陥ることもあるでしょう。

下請け業者の前払い金によって手元キャッシュが落ち込み、黒字倒産寸前の状態であったものの、銀行からの融資は期待できず、仮に審査に通っても時間がかかってしまうため、講じる策がありません・・・

追い込まれた状況でファクタリングを導入して数千万円の確保に成功、キャッシュフローが一気に改善され、問題なく工事が終わりました。

人材派遣行の導入事例

人材派遣会社では、安定した運営ができていても支払いサイクルに悩むシーンが多々あります。

売掛先の入金と人件費の支払い日が同日であれば、キャッシュフローに問題はありませんが、売掛先の入金より人件費の支払いが先であれば、資金ショートをおこす可能性があります。

人材の確保が難しい中、給料遅延はリスクが大きいため何とか資金調達をして支払いをしたいが、融資を申し込んでも間に合わない。
親族に借りられないか聞いているけど、どうなるかわからない・・・

ファクタリング会社に600万円の売掛金を売却、給料の支払いも間に合い、見事解決。

数ヶ月の入金サイクルさえ乗り越えてしまえば、継続的かつ安定して入金されるため、問題なく事業の継続ができました!!

まとめ

ファクタリングは正しく利用すれば自社のさまざまなトラブルを解決できます。

手数料は発生してしまうものの、手数料を経費として計上したり、最短即日で売掛債権を現金化したりできるため、すぐに利用する予定がない人でも詳しく知っておきましょう。

また、ファクタリングを利用する際は、メリットだけではなく、デメリットも把握した上で充分に検討してください。しかしながら、優良でないファクタリング会社も一定数存在するのも事実であるため、充分に気をつけなければなりません。

分割払いを認めていたり、保証人や担保が必要だったりするファクタリング会社や、償還請求権の有無などはしっかりと確認して、契約を結ぶようにしましょう。

JTCのファクタクリングでスピーディーに事業資金の調達を!

事業資金を調達する方法はさまざまなものがあるものの、大半の場合では調達までに時間がかかってしまいます。JTCのファクタリングサービスを利用すれば、スピーディーに資金調達を行えるので、急に事業資金が必要になってしまったときには便利です。まずは、問い合わせや資料請求などを行って、資金調達先として検討してみると良いでしょう。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達