コラム
2019年10月10日

事業資金500万円が今すぐ必要!有効な調達手段「ファクタリング」とは

事業活動を行っていると、取引先からの支払いが遅延してしまい、急に資金が必要になることもあります。資金繰りに影響が出てしまうと、不安定な経営状態に陥ってしまうこともあるので、早期に対策を実行することが肝心です。今回は、500万円の事業資金を調達するためのポイントや有効な資金調達手段としてのファクタリングを詳しく紹介していきます。

 

事業資金500万円を調達するためのポイント

事業資金として500万円を調達するためには、まずは資金調達方法を精査していく必要があります。「調達できる資金の上限額はいくらなのか」「どのタイミングで入金されるのか」といった部分をよくチェックしておきましょう。500万円の事業資金を調達するには銀行からの融資が一般的であるものの、資金繰りが厳しい経営状況にあっては審査のハードルが高く、融資を受けられない可能性もあるのです。また、カードローンで事業資金を借りる方法もあり、銀行系カードローンであれば上限額は13000万円となっています。ただ、融資が実行されるまでに時間がかかってしまうこともあり、急いで資金を調達しなければならないときにはあまり向いていません。

 

その一方で、消費者金融は融資のスピードが速いため、資金調達の1つの手段として考えられます。しかし、総量規制などがあり、年収の三分の一が融資上限額までとなっているところが多く、必要な資金を充分に確保できないといったこともあるでしょう。会社が保有する売掛債権などがあるのであれば、有効な事業資金の調達方法としてファクタリングがあげられます。売掛債権を活用した資金調達は、経済産業省も推奨しているのでうまく活用していくことが大切です。

 

資金調達に有効な手段「ファクタリング」とは?

ファクタリングとは、会社が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却することによって、売掛金を早期に資金化する仕組みのことです。たとえば、翌月入金予定の売掛金がある場合にファクタリングを利用すれば、今月末に現金化することもできるため、売掛金の回収までに時間がかかってしまう場合や、銀行融資を断られてしまったときに活用してみると良いでしょう。ただ、売掛債権を保有していないときにはファクタリングを利用できないため注意が必要です。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングを活用すれば、売掛金を早期に現金化できるため、すぐに資金繰りを改善したいときに役立ちます。審査基準が柔軟であり、保証人を立てたり担保を提供したりすることが不要なので、銀行融資を断られてしまったときでも、ファクタリングであれば審査に応じてもらえます。ファクタリングの審査においては売掛債権の信用度が重視されるため、会社の経営状況はあまり問題視されません。赤字決算や債務超過に陥ってしまっている場合であっても、それほど問題とならないのです。

 

ファクタリング契約では一般的に買戻し請求がないため、資金調達を行った後に資金を返還しなければならないということはありません。仮に売掛先が倒産したとしても、未回収リスクはファクタリング会社が負うことになるため、利用者がリスクを抱えてしまうことはないのです。そして、ファクタリングは借入ではないので、会計上の負債に分類されることはありません。ファクタリングで調達した資金で借入金を返済すれば負債が減り、財務内容を健全化できるため、会社の信用力を高めることができます。

 

ビジネスローンとの違い

ビジネスローンでは指定信用情報機関への登録があるものの、ファクタリングの場合はありません。指定信用情報機関に登録されると、仮に返済が滞ってしまったときには信用情報に遅延データが登録されてしまうのです。しかし、ファクタリングは借入ではなく、資産の売却であるためサービスを利用したからといって信用情報に影響を与えることがないのが特徴だといえます。また、ビジネスローンよりもファクタリングのほうが多くの資金を調達できるというメリットもあるのです。ファクタリングは借入ではないため、返済も不要となっているので財務面でも安定します。

 

審査結果が出るまでの時間にも違いがあり、ビジネスローンでは会社の経営状況や財務内容も審査の対象となってしまうため審査項目が多く、時間がかかってしまうというデメリットがあります。ファクタリングでは売掛債権の信用度が審査では重視されるため、スピーディーに対応してもらえるのです。そして、ビジネスローンは融資であるため、ファクタリングと異なり、貸借対照表に負債として計上されてしまいます。単に資金調達にだけ意識を向けてしまうのではなく、会社の財務内容に与える影響を考慮して、適切な資金調達手段を選んでみましょう。

 

JTCなら最短1日で入金が可能

JTCでは、すぐに資金を確保する必要がある場合に最短1日で資金調達が行えます。ただ、スムーズに審査を通過させるためには、事前に必要書類をそろえておく必要がありますし、売掛先との取引内容によっては審査に時間がかかってしまう場合もあるので、注意が必要です。安心して取引を行うために、できるだけ時間的な余裕を持って相談するようにしましょう。すぐに資金が必要ではないときであっても、いざというときのために利用を検討しておくことが大切です。

 

銀行融資やビジネスローンの利用を考えているときであっても、先にファクタリングを利用して財務内容を健全化してからのほうが良いといえます。会社の信用力を高めたうえで、ファクタリング以外の資金調達方法を利用するほうが、結果的に会社の資金繰りを早期に改善することにつながるでしょう。自社が置かれている経営状況や事業計画を踏まえたうえで、しっかりと考えていくことが大切です。

 

JTCでは取引先に知られずに入金可能

ファクタリングのデメリットとしてあげられる点は、通常のファクタリング契約においては売掛債権を売却するときに、売掛先の承諾をもらうことが必要な場合があるというものです。しかし、JTCでは売掛先の承諾をもらうことなく資金調達を行うこともできます。ファクタリングを行う事実を知られることなく資金調達ができるため、売掛先との今後の関係にも影響を与えません。ただ、承諾のいらないファクタリング契約を行う場合には通常のファクタリング契約と比べ手数料が高めになるので注意しておきましょう。ファクタリングでは利用にあたって事前に現金を用意する必要はなく、売掛先から入金が確認できた段階で、JTCに支払うことになります。ファクタリングの基本的な仕組みを理解したうえで、賢く活用してみましょう。

 

https://j-t-c.info

 

JTCで資金調達するには?

JTCで資金調達を行うには、一定の条件が定められており、年商が7000万円以上の法人であり、1回の取り扱い金額が100万円以上となっているのです。個人事業主の場合であれば、取引先の承諾がもらえることが条件となっています。ホームページから資料請求や問い合わせが可能であり、電話は土日でも対応していますし、メールであれば24時間受け付けているため、都合の良いタイミングで相談できるでしょう。そして、ホームページ上でスピード診断が行えるので、実際に調達できる金額をすぐに確認できます。

 

https://j-t-c.info/satei.php

 

事業資金500万円の融資はJTCへ

会社の資金繰りに困っているときには、資金調達を行うにあたって、審査や現金化のスピードを重視する必要があります。ファクタリングを利用すれば、500万円の資金調達を行える可能性があるでしょう。JTCでは最短1即日での入金が可能であり、売掛先に知られることなく、資金調達を行えるのです。資金繰りに悩んだときには、まずはJTCに気軽に問い合わせてみましょう。

 

https://j-t-c.info