最新情報
2019年02月28日

ファクタリングなら早期に事業資金を調達したいときに活用できる

ファクタリングの基本的な仕組みとメリット

ファクタリングとは、会社が保有する売掛金などの売掛債権などをファクタリング会社に譲渡することによって、資金調達を行う方法のことを指します。融資などとは違って借入ではないため、会社の負債が増えてしまうことはありません。売掛債権を現金化でき、資金用途も限定されないので幅広い目的で使うことができます。ファクタリングの大きなメリットとしてあげられる点は審査がスピーディーに行われるため、急に資金繰りが悪化してしまった場合に備えられることにあるでしょう。即日現金化に対応しているファクタリング会社もあり、短期的な資金繰りを改善する手段として有効なのです。

 

また、ファクタリングでは申込した会社の経営状況よりも、取引先の信用力や売掛債権の内容によって審査が行われます。上場企業や政府系機関に対する売掛債権であれば、有利な条件でファクタリング契約を結ぶこともできるでしょう。売掛債権の活用は経済産業省も推奨しており、近年新たな資金調達方法として注目を浴びています。ただ、表向きはファクタリング会社を謳っておきながら、違法な貸し付けを行っている業者も中にはいるのでよく見極めることが大切です。時間的に余裕がない状態で資金調達先を見つけようとすると悪徳業者に引っかかってしまう可能性があるので、日頃から信頼のできる資金調達先を探しておくように心がけましょう。すぐに資金が必要ではなくても、取引先の倒産や売上の低迷によって急速に資金繰りが悪化してしまうこともあります。万が一のときに備えて、あらかじめ複数の資金調達手段を検討しておくことが大切なのです。

 
 

買戻しをする必要がないため安心して利用できる

ファクタリングには買戻しの請求権が発生する契約と、発生しない契約があります。買戻しの請求権とは、売掛先が倒産などによって支払い不能の状態となったときに、利用者に対して返済義務が課せられる仕組みのことです。手形割引などでは買戻しの請求権が設定されているため、利用者は資金を調達した後も経営上のリスクを負うことになります。事業資金が不足している状態で、買戻しの請求による返済を行わなければならない状態に陥ってしまうと、経営状況が悪化してしまう場合もあるでしょう。ファクタリング契約ではそもそも、買戻しの請求権が設定されないことが一般的であるため、利用者は資金を調達した後も安心ができます。そして、仮に売掛先が倒産してしまったとしても、その責任はファクタリング会社が負うことになるのです。勿論ファクタリング契約をする際に一定の審査が行われますが、利用者側からすれば資金調達を行うだけでなく、将来的な経営リスクも軽減できるので、ファクタリングの利用によるメリットは大きいでしょう。

 
 

承諾のいらないファクタリング契約の特徴

ファクタリングはいくつかの手法があり、自社に合った契約内容を選んでいくことが大切です。売掛先の承諾がいらないファクタリング契約であれば、利用者とファクタリング会社との間で契約を結ぶことになるため、売掛先が直接関与することはありません。したがって、売掛先にファクタリングを行った事実を知られずに資金調達できるというメリットがあります。欧米諸国では一般的な資金調達方法としてファクタリングが認知されているものの、日本ではまだ浸透していない側面もあるのです。そのため、売掛先によっては「売掛債権を現金化しないといけないほど、資金繰りが厳しいのか」と誤解してしまうところもあるでしょう。ファクタリングの仕組み自体に問題がなくても、売掛先との関係に配慮が必要な場合には、承諾のいらないファクタリング契約を検討してみることが重要です。

 

契約を結ぶにあたって売掛先の承諾は必要ない為、通常のファクタリング契約よりも契約がスピーディーに行われます。必要な書類をきちんと整え、スムーズに審査を行ってもらえる状況を整えれば、即日で資金調達ができる場合もあるでしょう。ただ、売掛先の信用力や売掛債権に問題があるときは審査が長引いてしまうこともあるので、早期に資金調達を行う必要があるときには信用力の高い売掛債権を活用することが大切です。

 
 

取引先の承諾が必要なファクタリング契約のポイント

承諾が必要なファクタリング契約では、利用者とファクタリング会社に加えて、売掛先も契約の締結に直接関与します。利用者にとってのメリットは、手数料の負担が軽減できる点です。ファクタリング会社は売掛先から直接情報を得られるため、未回収リスクが軽減できます。そのため、手数料が下がる要因にもなるのです。ファクタリングを利用する際、承諾を得られそうな場合には、承諾が必要なファクタリング契約で進めると良いでしょう。ただ、売掛先の承諾を得なければ契約を進められないため、即日での現金化は難しいと意識しておくことが大切です。すぐに資金が必要となる場合であれば、承諾のいらないファクタリング契約で進めることも考えておきましょう。

 
 

赤字決算や債務超過でも利用できる可能性がある

ファクタリングの利用は、赤字決算や債務超過でも資金調達が行える可能性が大いにあります。銀行などからの一般的な借入では、会社の経営状態も審査の対象となるため、業績が悪化していると融資が受けられない場合も多いでしょう。また、審査にも時間を必要としてしまうため、短期的な資金調達を行う手段としてはあまり向いていません。しかし、ファクタリングの場合であれば売掛債権の信用力がもっとも重要であるため、会社の経営状態はそれほど問題視されないのです。事業資金が不足しているタイミングでは、同時に業績も悪化しているというケースはめずらしくありません。

 

税金や社会保険料を滞納している場合であっても、税務署や社会保険事務所に対して延納や分納といった必要な手続きをとっているなら問題ないと言えるでしょう。ファクタリングを活用することで、経営環境を良くできる場合には積極的に活用していくことが重要です。信頼できるファクタリング会社であれば実績も豊富であるため、さまざまなケースにも相談に乗ってもらえます。「赤字決算や債務超過では資金調達はできない」と考えるのではなく、まずは気軽に相談をしてみることが大切です。

 
 

資産のオフバランス化によって財務体質が強くなる

ファクタリングを行うことは単に事業資金を調達するだけではなく、会社の財務体質を強化することにもつながります。売掛金などの売掛債権は会社にとっては資産であるものの、そのままの状態では有効に活用されないものでもあるのです。万が一、売掛先が倒産してしまえば、何も利益を生み出さないままのものとなるでしょう。ファクタリングを利用すれば、負債を増やさずに手元の事業資金を増やすことができるため、結果的に自己資本比率が高まります。事業規模自体は拡大していなくても、少ない資本で同じ利益を生み出しているのであれば、財務体質が強い会社として対外的な信用力が向上するでしょう。

 

金融機関や取引先からの評価が高まれば、新規で融資を申請しやすくなったり、新たに取引先を開拓できたりすることにもつながっていきます。事業資金を調達するために銀行融資を検討している場合であっても、先にファクタリングを利用することによって銀行融資を受けられる可能性も高まるはずです。資産のオフバランス化を図ることで、資金調達が行いやすい環境を整えてみましょう。そのためにも、しっかりと会社の財務内容を把握しておく必要があります。会社の損益だけを意識するのではなく、「会社の資産を有効活用できているか」といった点にも意識を向けておくことが大切です。特に、毎月のように売掛債権が発生している状態であれば、積極的にファクタリングを利用してみましょう。

 
 

財務諸表を日頃からチェックしておこう

経営を取り巻く環境をより良い方向に導くためには、日頃から会社の資金の流れについて意識を向けておく必要があります。貸借対照表や損益計算書といった財務諸表を定期的にチェックするとともに、資金繰り表を作ってキャッシュフローに問題がないかを点検することが大切です。もしも、短期的な資金繰りに問題があるときにはファクタリングの利用も検討してみましょう。会社の負債を増やすことなく、必要な事業資金を確保できる可能性があります。売掛債権が毎月発生しているような事業であれば、ファクタリングを利用するメリットは大きいのです。会社の資産を有効に活用していくことで、安定的な経営を行っていきましょう。