事業資金関連コラム
作成日:2022年06月20日

ファクタリングの手数料は安くできる?手数料が安い会社を選ぶコツもあわせて解説!

「ファクタリング」とは、スピーディな資金調達が可能な金融サービスです。ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことで、実際の入金日よりも早く資金調達ができます。

銀行融資を受けようとしても資金調達が難しい中小企業やスタートアップ企業、個人事業主にとって、ファクタリングは使い勝手がよいでしょう。

しかし、実際に利用する前に注意したいのが、手数料についてです。手数料の相場や、手数料の安い会社を選ぶコツを理解しておけば、ファクタリングで損をすることがありません。

この記事ではファクタリングの手数料について詳しく解説していきます。
資金調達の参考として、お役立てください。

監修者プロフィール

税理士法人 浅野会計事務所
税理士法人浅野会計事務所は、愛知県清須市にあり、創業40年以上、経営・金融・税務・会計・労務のスペシャリストとして各種サポートを行っています。代表の浅野芳郎をはじめ、税理士4名、行政書士1名、社会保険労務士1名ほかファイナンシャルプランナー、宅建資格の資格保持者などもおり、長く経営するためのサポート体制を整えています。

手数料が高いと思われがちな理由

ファクタリングは、金融機関からの融資を受けるにあたりハードルが高い中小企業やスタートアップ企業、個人事業主にとって、非常に使い勝手のよいサービスです。

「ファクタリングの手数料は高い」と言われることもあります。
たしかに、銀行からの融資などと比べると高いと感じることがあるかもしれません。
しかしそれ以上のメリットがあるのも事実です。

なぜ、ファクタリングは手数料が高くなってしまうのか、その理由を探っていきましょう。

担保や保証人が必要ない

ファクタリングの手数料が高くなる理由の一つに「担保や保証人が要らない」ことが挙げられます。銀行や信用金庫などの金融機関で資金調達をするときは、必ずと言って良いほど担保や保証人が必要になります。

金融機関からの融資では、もし本人が返済不可能となった場合、担保や保証人から回収できるので、利用者から回収できないというリスクを避けられるのです。しかしファクタリングの場合は、金融機関のような借入ではなく、売掛債権の買取りを行なっています。

そのため、ファクタリングでは担保や保証人が必要ないのです。そのぶん、ファクタリング会社は売掛先の審査には慎重になる傾向があります。もし売掛先が倒産してしまうと、ファクタリング会社は売掛金を回収できず、大きな損失を出してしまいます。

したがって、ファクタリング会社の審査を通過するには売掛金の信用力がとても重視されるのです。ファクタリングは融資よりも回収できないリスクが上がるからこそ、手数料が高くなってしまうことを理解しておきましょう。

償還請求権がない(ノンリコース)

償還請求権がないことも、ファクタリングの手数料が高くなる理由です。
基本的には、 ファクタリングには償還請求権がありません。

償還請求権とは、資金調達をした利用者から費用を回収できなくなってしまった場合、利用者にその回収不可能となった費用の支払いを請求できる権利を指します。
したがって原則、償還請求権がないファクタリングでは、売掛先の倒産などで不払いがあった場合、利用者には受取りしていた代金の弁済義務は発生しないのです。
そのため、ファクタリング会社は銀行や信用金庫などの金融機関よりも、相当大きなリスクを抱えていると捉えられるでしょう。

高いリスクがあるだけ、手数料は高くなります。
ファクタリング会社が抱えるリスクの大きさを考慮すれば、ファクタリングの手数料も妥当だと判断できるかもしれません。

資金調達までのスピードが早い

銀行の融資を受けるには最低でも3週間~1か月以上の時間を要します。
ファクタリングでは数ある資金調達方法の中でも資金調達スピードはトップクラスです。

銀行融資と比べると手数料は高く感じられるかもしれませんが、1、2日で資金調達を行えるのは、経営者にとって強い武器になるのではないでしょうか。

ファクタリング手数料の内訳

なぜファクタリングの手数料が高くなるのかを解説してきましたが、手数料の細かい内訳が気になる人も多いのではないでしょうか。

銀行融資に比べファクタリングの手数料が高いのは、「背負うリスクが大きいから」という理由だけではありません。手数料の詳しい内訳を知り、ファクタリングの手数料を少しでも安くするための基礎知識を蓄えましょう。

基本手数料

それぞれのファクタリング会社が背負うリスクによって手数料は変動します。
手数料が決まる要因には、主に次のようなものがあります。

・売掛先の信用力
・通常の3者間ファクタリング契約か、2者間でのファクタリング契約か
・ファクタリングの利用回数
・売掛金の金額

とくに売掛先の信用力は、ファクタリングを利用するうえで欠かせません。
売掛先の信用力が高ければ高いほど手数料は安くなり、反対に売掛先の信用力が低ければ低いほど手数料が高くなります。

またファクタリングの取引形態によっても手数料が異なります。
3者間でのファクタリングでは売掛先が含まれた取引なので手数料が安くなりますが、売掛先を介さない2者間のファクタリングでは手数料が高くなります。

それほど、ファクタリング会社はリスクを避けるために売掛先の信用力を重視しているとも言えるでしょう。

また、ファクタリングの利用回数も手数料に影響します。ファクタリングの場合は、初めて利用する人よりも、2回目以降の利用者のほうが「信用力が高い」と判断され、手数料が低く設定されるケースがあります。

売掛金の金額については、売掛金の額が大きいほどファクタリング会社が得られる利益が大きくなるため、手数料が低く設定されることが多い傾向がありますよ。

登記費用

ファクタリングの手数料以外には、登記費用がかかります。

とくに、2者間ファクタリングでは「債権譲渡登記」の契約が条件になる場合があります。
なぜならば、売掛債権の二重譲渡のリスクを避けるためです。
そのため、登記費用として「登録免許税」と「司法書士費用」が必要になるのです。

ちなみに登録免許税は、5,000件以下の場合は7,500円、司法書士費用は5〜10万円程度(依頼する司法書士により異なる)になります。登記費用は最低でも6万円かかりますが、売掛債権額に関わらず必ず必要な固定費用としてかかります。売掛債権額が少ない場合は、登記費用が手数料のなかで大きな割合を占めることになるかもしれません。

債権譲渡登記には費用がかかってしましますが、登記を行う事により手数料が安くなるケースが多いので、総合的に考えると費用が安くなる可能性があります。

債権譲渡登記については、個人事業主の場合は登記することはできないので、手数料が高く設定されるケースがあります。

印紙代

ファクタリングの手数料以外には、印紙代もかかります。

ファクタリングを利用すると、債権売買契約を締結することになります。
印紙代は、その際に必要になるものです。印紙代はファクタリング会社によって異なると思いますが、200円の場合もあれば、1万円ほどかかる場合もあります。

また、ファクタリング会社によって、印紙代は「審査手数料」や「事務手数料」として捉えられている場合があります。

手数料に印紙代という記載はなく、審査手数料もしくは事務手数料だけが記載されているケースでは印紙代がどちらかに含まれている可能性は高いでしょう。手数料や登記費用に比べると少額かもしれませんが、きちんと把握しておけば不安の要素を軽減できます。

ファクタリング手数料率の相場

ファクタリングの手数料の他にさまざまな費用が重なることがわかったところで、手数料率の相場が気になっている人は少なくないでしょう。

早速、通常の3者間ファクタリング契約と2者間ファクタリング契約の形態に分けて紹介しますので、取引形態を選ぶ参考としてもお役立てください。

2者間ファクタリング

ファクタリングの手数料は取引形態によって異なりますが、2者間でのファクタリングの場合は手数料が高めに設定されています。

2者間ファクタリングにおいて手数料の相場は10%前後%と3者間ファクタリングと比べると比較的高くなります。理由としてはファクタリング会社が背負う売掛債権を回収するリスクが大きいことが要因となっています。

また、2者間ファクタリングでは登記費用がかかることも考慮すると、別途数万円の費用が発生することになります。なかには、20%以上の手数料が設定されていることもあり、手数料をなるべく安くするためにはファクタリング会社を選び方も重要だといえるでしょう。

JTCでは、お申込み前に金額、手数料のご提示を致しております。
手数料の安さ、資金調達スピードに自信を持っています。

3者間ファクタリング

3者間ファクタリングにおける手数料の相場は1、2%〜と、2者間ファクタリングよりも低く設定されています。3者間ファクタリングは売掛先が含まれた取引なので、2者間ファクタリングと比べて売掛金が回収不可能となるリスクが低いと判断されているのです。

2者間ファクタリングは取引先にファクタリングの利用を知られずに資金調達できるメリットがありますが、できるだけ手数料を抑えて資金調達したい人は3者間ファクタリングを選ぶと良いでしょう。

ファクタリングの手数料を決める要因

ファクタリングの手数料を決めるのは、いくつかの要因が関係しています。

手数料やその他費用の内訳をチェックしてきましたが、ファクタリングの手数料は主に「売掛金が回収不可能になるリスク」と「売掛先の信用力」などを総合的に判断し決定されています。
どのような要因によって手数料が決められているのかなど、手数料の内容について理解を深めていきましょう。

売掛金の信用

ファクタリングの審査に通過するためには、売掛金が信用できるかどうかが大きなポイントになりますが、それは手数料を決めるうえでも重要な点になっています。

「確実に売掛金を回収できる」という信用や根拠があれば、手数料がそれだけ低くなります。
たとえば、売掛先が世間に名の知れた上場企業であれば、売掛金が回収不可能になるリスクは低いと判断されるので、手数料が低く設定されるのです。

対して、資金繰りが厳しい企業や、零細企業の場合は、倒産をする恐れもあり売掛金の回収ができなくなるリスクが大きいと捉えられます。

売掛金がどれだけ信用できるものなのかを明示することは、手数料を低くすることにもつながります。売掛金の信用は手数料にも影響するので、「売掛先について不安要素はないのか」という点もきちんと考慮しておきましょう。

売掛先との取引履歴

売掛先との取引が長ければ長いほど、ファクタリング会社は安心できます。

逆に取引が過去に1度も無い取引先の売掛債権は、3者間契約ではないと買取り出来ないファクタリング会社がほとんどです。

債権譲渡登記の有無

ファクタリングの手数料は、債権譲渡登記にも影響します。

売掛先を交えない2者間ファクタリングの場合は、利用者自らが売掛金を回収し、その回収した費用をファクタリング会社に支払うことになります。

その際のリスクとして「債権の二重譲渡」や「利用者が回収した売掛金を支払わない」ということが懸念されるのです。

そのため、ファクタリング会社はリスクを回避するために「債権譲渡登記」を用いて法的に対抗することになります。したがって債権譲渡登記があれば、売掛金を回収できないリスクを減らせるので、手数料が低く設定されます。

ファクタリングは債権の性質や信頼性で大きく異なる

ファクタリングは、債権の性質や信頼性が大きく影響する金融サービスです。

それらはファクタリングの審査をする上でも、とても重要視されており、ファクタリングの手数料を決めるものとしても知られています。具体的にどのような要素がファクタリングの審査と手数料に影響を及ぼすのか、詳しく見ていきましょう。

企業の規模

ファクタリングの審査や手数料に影響するのは「企業規模の違い」です。

ファクタリングにおいては、売掛先が大企業だと信用力が高いと判断されます。
しかし、反対に売掛先が名の知れていない企業の場合は審査のハードルは高くなり、手数料も高くなります。

大企業だからリスクがまったくないわけではありませんが、中小企業と比べると売掛金が回収できなくなるリスクは低いと捉えられるのです。また、売掛先が大企業であれば決算報告書などの確認が簡単なので、審査をする際に会社の状況を調査しやすい面も評価されています。

中小企業などの比較的規模が小さな企業は、財務関係のデータが調べにくく、調査が難航する場合もあります。そのため、誰が見ても経営が危うくなければ、調査の手間やリスクを考えると、売掛先が大企業の場合は手数料が低くなることがわかるでしょう。

さらに、注意していただきたいのは個人事業主です。
売掛先が個人事業主となると取扱い出来ないファクタリング会社がほとんどです。

ファクタリング会社の注意事項をよく確認してから申込みするようにしましょう。

国や地方自治体に対する売掛金

ファクタリング会社が審査などで重視しているのは、売掛先に信用力があるかどうかという点です。そのため、売掛先の信用力が高ければ高いほど手数料も下がる傾向があります。

その点で誰もが知っている大企業であればファクタリングの審査は通過しやすくなり、さらに手数料が低く設定されます。しかし、ファクタリングの手数料が低くするには、売掛先に「国」「地方公共団体」「その他の公益性がある団体」などを選ぶと効果的です。

国や地方公共団体の場合は財政破綻や倒産、大災害などが発生しない限り、売掛金が回収できなくなることはありません。そのため、ファクタリング会社にとってはとても安心できる売掛先の一つとして数えられているのです。

各ファクタリング会社で手数料の違いが生じる理由

ファクタリングの手数料に違いが見られるのは、債権の性質や売掛先の信用力に要因があるためですが、それら以外にも手数料が変動する理由として、ファクタリング会社の方針による影響も大きいのが事実です。
ファクタリング会社のどのような点が手数料に響くのか、詳しく解説します。

財務コンサルタント

ファクタリング会社の中には「財務コンサルタント」を採用しているケースがあります。

なぜファクタリング会社に財務コンサルタントがいるのかというと、ファクタリングを反復継続した結果、さらに資金繰りに困った利用者を救うために用意されているのです。

そもそもファクタリングは融資に比べて比較的簡単に資金調達ができる金融サービスです。
場合によっては最短即日で現金が手元に得られるので、手軽に利用できます。

だからこそ、反復継続する人の中にはファクタリングを利用し続けるしか方法がなく、予定していた得られる利益が減っていくという悪循環が生まれる場合があります。

そこで、ファクタリング会社は利用者の悪循環をなくすためにも、財務コンサルタントを通して財務状況やキャッシュフローを改善する協力をしているケースがあるのです。

財務コンサルタントはファクタリングとは別業務になるので、別途費用がかかる会社もあります。

オンラインファクタリングの有無

最近、ファクタリングを申請する場合は、オンラインからでも対応してくれるところが増えてきています。

これまでは窓口での対面のみの受付でしたが、オンラインでの対応が可能になったことで、あらゆる人がファクタリングを利用しやすくなっています。とくに、地方に拠点を持つ企業などは、よりファクタリングを利用しやすくなったと言えるでしょう。

ファクタリングをオンライン上で申し込むことは「オンラインファクタリング」と呼ばれており、対面契約と比べ契約時間が短縮できる手段として注目されています。

わざわざファクタリング会社まで足を運ぶ必要はなくなりましたが、デメリットがあることもたしかです。

オンラインファクタリングは、300万円以上の高額の契約が難しい事や審査が機械的になる傾向があるのです。
それぞれの利用者が持つ事情が考慮されない恐れがあるため、適当な審査が行われるのかは会社ごとに異なるでしょう。

ファクタリング手数料を安くするためのポイント

ファクタリングの手数料について理解は深まったかもしれませんが、「手数料はどうしたら安くなるのか」という疑問はまだあるでしょう。

手数料を低くするために何をすべきなのか、察した人も多いのではないでしょうか。

改めてファクタリングの手数料を低くするためのポイントをまとめますので、ファクタリングの利用を検討している人は見逃さないようにしてくださいね。

取引先との今までの取引内容を提示する

手数料の高さからファクタリングを諦めようとしている人は、まだ早いかもしれません。

ファクタリングの手数料を抑えるポイントはいくつかあります。そのうちの一つが、ファクタリング会社に「売掛先となる取引先との今までの取引内容が分かる書類などを提示すること」です。

何度もお伝えしてきたように、ファクタリング会社が審査結果や手数料を決める上で最も重視するのが、売掛先の信用力と売掛金の信憑性です。

そのため、売掛先との取引がどれだけ信用できるものかを示すことができれば、審査は通過しやすくなりますし、手数料も低く設定されます。

たとえば、売掛先が信用情報に関係するデータベースに登録されていて調査会社の評価が高ければ、手数料も低くなるでしょう。
その他、ファクタリング会社にこれまでの発注書や請求書、入金履歴などを提示し、利用者と取引先の信用関係が十分に築かれていることが証明できれば手数料は下がるはずです。

3者間ファクタリングを利用する

ファクタリングを利用する際の第一条件として「手数料が低くしたい」という希望がある人は、迷わず3者間ファクタリングを選びましょう。

先述したとおり、取引先が含まれない形態の2者間でのファクタリングは、ファクタリング会社が売掛金の回収が不能となるリスクが大きいと判断するので、手数料が高めに設定されています。

取引先にファクタリングの利用が知られないメリットもありますが、手数料の高さから3者間でのファクタリングを選ぶ人も少なくありません。
2者間でのファクタリングの手数料の相場は10%前後ですが、3者間ファクタリングならば1、2%〜が相場となっているので安く済みます。

しかし、3者間ファクタリングが利用できるのは、取引先にファクタリングの利用を開示しても問題ない関係が築けている場合のみです。
事情があってファクタリングを開示できない場合は、無理をして3者間でのファクタリングを選ぶことはおすすめしません。

複数のファクタリング会社から見積もりを取る

ファクタリングの手数料をなるべく低くするには、複数のファクタリング会社から見積もりを取ることも欠かせないポイントです。

先述したように、ファクタリングの手数料はそれぞれの会社によって異なりますので、
複数社の見積もりを取っておいたほうが手数料を比較しやすくなるでしょう。

1社のみの見積もりでは、ファクタリングの手数料を低くできる可能性を狭めてしまいます。

また、手数料を比較検討することによって、ファクタリング会社の良し悪しを見極めるポイントとしても役立てられます。ファクタリングの契約を締結する際は、複数社のうち最も手数料が低く、自身が納得できるものを選ぶと良いでしょう。

JTCでは、お申込み前に金額、手数料のご提示を致しております。
手数料の安さ、資金調達スピードに自信を持っています。

手数料の内容を精査する

手数料の内容を精査することも、ファクタリングの手数料を下げるコツです。

ファクタリングの手数料が低くなったとしても、その内容は必ずチェックしておいたほうが良いでしょう。先述しましたが、手数料の内訳は主に「手数料」「登記費用」「印紙代」です。

ファクタリング会社の中には、稀に事務手数料や登記費用などを必要以上に請求しているケースもあります。複数者から手数料の見積もりをもらった際には、手数料の内訳がどのようになっているのかをきちんと確認しなければなりません。

「この事務手数料にはどのような費用が含まれているのか」と気になったものは、直接質問するようにしてください。ファクタリングを契約する前であれば、手数料の内容について問い合わせやすいので、しっかりと確認しておきましょう。

担当者と信頼関係を築く

ファクタリングの手数料を低くするためには、ファクタリング会社の担当者とより良い関係を築くことも大切です。ファクタリング会社は売掛先の信用力を重視しますが、実際にファクタリングを利用する人を見極めているのも事実です。

とくに、対面での契約が必須のファクタリング会社は、利用者の人柄や素行などを直接確認し、最終的な手数料を決定しているところもあります。

契約前にある程度手数料は確認できますが、できるだけ手数料を下げられるかどうかは利用者の人柄と素行に懸かっている面もあるのです。ファクタリング会社との担当者とは強い信頼関係を築いて損はありません。担当者と良好な関係を目指すためにも、担当者に敬意を払いながら接することは忘れないようにしましょう。

ファクタリングの消費税

ファクタリングの手数料は、消費税として課税されることはありません。

また、手形割引料も非課税となっています。
ファクタリングの手数料を抑えたい人は消費税に視点を向けるよりも、請求されない可能性のある「着手金」「審査手数料/事務手数料」「事務手続き費用」などが発生しないファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。

まとめ

ファクタリングの手数料をなるべく低くしたい人は、まず売掛先の信用力を重視すると良いでしょう。その上で、ファクタリングの利用を取引先に開示しても問題ない人は、「3者間でのファクタリング」を契約すれば、手数料をより下げられる可能性が高くなります。

さらに手数料の内訳を理解し、自らが知識をつけることも大切です。

不明瞭な手数料があった場合は、すぐに契約を取りやめたほうが良いかもしれません。

また、手数料にはファクタリング利用者の人柄や素行が最終的に影響する場合もあるので、担当者とは良好な信頼関係を築けるようにしておきましょう。

JTCのファクタクリングでスピーディーに事業資金の調達を!

事業資金を調達する方法はさまざまなものがあるものの、大半の場合では調達までに時間がかかってしまいます。JTCのファクタリングサービスを利用すれば、スピーディーに資金調達を行えるので、急に事業資金が必要になってしまったときには便利です。まずは、問い合わせや資料請求などを行って、資金調達先として検討してみると良いでしょう。

 

大阪で事業資金を検討される方はこちら
入金前払いシステム(ファクタリング)で資金調達